トップ > 渓流釣り場・管理釣り場

渓流釣り場・管理釣り場

 
yamame,iwananohoukosagasi37289
クルマを停めたおさかな公園駐車場からの景色  気持ち良い青い空
yamame,iwananohoukosagasi37288
午前の釣果は撃沈。
魚芳旬鮮道場が中国人観光客でいっぱいだったので、浅池の有る車屋で車屋御膳を食べた。

yamame,iwananohoukosagasi37286
午前中と同じ自衛隊橋付近で釣る事にする。


yamame,iwananohoukosagasi37284
MAKIさんが釣った30㎝ジャストのレインボー

yamame,iwananohoukosagasi37287
私が釣ったレインボー。橋の上流に比べて下流は型が良い。

yamame,iwananohoukosagasi37285
ブラウントラウトは32㎝。

二人とも午前はドライ、午後はニンフで狙ったが、運良くニンフの当たりフライを見つけて釣ることが出来た。

当たりフライはグレーのMSC。他の色のMSCや色んなニンフも試したが、今日は二人共このニンフだけが効果有った。

次回は3/26に再び忍野へ行きます。
※30年以上付き合いの有る清里モスバックマスターからの、自然の風景に癒されるお便りをピックアップして載せて行きます。

「いよいよ釣り師になるときが来ました、5月、6月はどんな人でも釣り師になれるときです。
今年は梅雨になる前からエゾハルゼミが鳴き、カッコウ、ホトトギスがまだ鳴きません、私は小物ばかりです。
 
昨日お客さんが30cmこえを見せてもらいました、いろいろな場面を紹介するその顔が鼻が少し高くなっているようでした。」

kiyosato178
釣り風景

kiyosato179
釣り風景

kiyosato180
釣り風景

kiyosato181
新緑

早朝尾瀬に着いた。

yamame,iwananohoukosagasi37153
 林道に差し込む明かりは山深さを一層際立たせ、ゾクゾクさせてくれた。

yamame,iwananohoukosagasi37154
 尾瀬沼に向かう道ではよく見かける山葡萄のつるだが、こちらで見かけたのは初めて。

yamame,iwananohoukosagasi37149
 気持ち良い流れを釣り上る。

yamame,iwananohoukosagasi37146
 釣れるイワナは小型だが今年初のご対面だけに素直に嬉しい。

yamame,iwananohoukosagasi37151
 岩場には6月を象徴するミズが涼しげだ。

yamame,iwananohoukosagasi37147
 本命の堰堤下は水量が多すぎてフライが浮くスペースが無く、あっという間に足元に流れ着いてしまう。

yamame,iwananohoukosagasi37148
 堰堤右岸の溜りで良型をフッキングしたがバラしてしまった。

yamame,iwananohoukosagasi37155
 魚がいないと言われている支流の滝壺で1尾釣れた。

yamame,iwananohoukosagasi37152
 以前仲間もこの支流で釣った事が有った。

yamame,iwananohoukosagasi37156
 下流に移動して吊り橋を渡って入渓。
 よそ見をして横にそれたらスポッと谷底に落ちてしまいそうだ。
 手すりを掴もうとすると意外と距離があって緊張する。橋の脇にイッパイのワラビや山葡萄に目をやる余裕も無い。
 スマホウォークするならこういう所で!

 この日は下流の方が良型も見かけたし、魚が泳ぐのが見れた。
 
イワナは小型が7尾、その他当り4、うちバラシ2,まあまあ游べたたと思う。
群馬で来たい場所が後4ケ所有るが、今年中に2回は来たい。

今年に入って、まだイワナを釣ってません。

忍野ではヤマメとニジマス、草津ではボウズで山菜採りに転向、今度こそイワナを沢山釣るつもりです。

片品川水系で一昨年一番釣れた沢へ行きます。まだまだ未釣のポイントが有るとても魅力的な沢です。

久しぶりの単独釣行です。

yamame,iwananohoukosagasi319
 明けましておめでとうございます。

1/3としまえんフィッシングエリアへジョン君と行って来ました。

今回もトラウトサーモンは釣れませんでしたが、波のプールで仲良くなった方から色々とアドバイスを受けました。

yamame,iwananohoukosagasi3690
 アドバイスをくれた人が釣ったトラウトサーモン

yamame,iwananohoukosagasi3686
ラインの先にシューティングヘッドのフローティングを付けてシンキングリーダーを2フィートつけて,その先にティペットを付けてマラブーを引く今回の釣り方でOKと言う事が分かりました。マラブーはチャートリュースが圧倒的に良いそうです。
50㎝引いて底まで沈めてまた50㎝引いての繰り返しのリトリーブが効果的。

狙いはルアーもフライも奥の噴水の周りがベストポイント。次回こそはサーモンが釣れそうな気がする(懲りない奴)。ジョン君はルアーでやりましたが、次回は釣れる感触をつかんだそうです(似た者同士)。

yamame,iwananohoukosagasi3687
 流れるプールで釣るジョン君

流れるプールでのニンフフィッシングも、やはりインジケーターはそこそこ小さい方が良いし、ティペットも太いのよりは細い方が良いに決まっているのに、横着な釣り方だったと反省しております。
としまえんフィッシングエリア行った時の写真です。

ibennto1343

毎回2人で1時間あれば50尾は釣るので有頂天になってましたが、今回は完全に沈没!まーさんがアマゴ1尾釣っただけで(写真)、みんな坊主でした。釣りって不思議で難儀なものですね。

ibennto1344
たこつぼさんに至っては競馬新聞広げながら釣りをする始末(写真)。

沈んだ気持ちを晴らすかのようにその日遊園地で行われていた練馬祭りをブラブラと見ながら、「ミス八丈島」を見つけてワンショット(写真)。
ibennto1345


近じかリベンジします。

清里の源流

P9200440
フィールドに向かう道

P9200453

昼はジョン君が最上流で竿を出しました。私の見ている前で当りが有りましたが合わせられず、その後下流の堰堤の上から覗き込むと尺イワナ2尾を頭に良型ばかり沢山群れていて、上からそっとフライを落とすと一斉に岸際の大岩の下に隠れたそうです。

P9200452

源流まで最初から歩いて行く人もいないので、秋のキノコ狩りを兼ねて毎年狙ってみたいと思います。


P9200444
今日のターゲット ヌメリスギタケ


P9200448
以外にもナラタケの方が沢山採れた。
 
P9200462

滝下で一つの竿を4人で交代で使いながらイブニングを楽しみました。一丸となってみんなで一喜一憂しながらの釣りは楽しかったです。みんなに当りが有りましたが、キーホルダーサイズのイワナが2尾釣れただけでライズも有りませんでした。

 
kiyosato143
 
いつだったかうちのメンバーが「矢沢永吉に似てる」と行ってました。
私の釣りの師匠でもう32年の付き合いです。
20日にキノコ狩りの案内をしてくれます。

写真は最近釣った大イワナ。
eliaukさん、ジョン君 と忍野へ釣りに行って来ました。

食事が美味しかったです。前回の「旬鮮道場」は貸切で入れず「車屋」へ行きましたが、「車屋御膳」最高でした。
P7020266
車屋の入口に有る浅池

P7020264
竿にCDをぶら下げて鳥除けにしていた。
通り沿いのちょっとした雑木林にはタラの木も有って山菜採りの時期には探索してみたいと思った。

夜は「いろり」が閉まっていたので「いねや」へ行きましたが、ここの洋食も美味しかったです。マスターとママのお人柄も良く楽しい食事が出来ました。

富士山温泉も高濃度炭酸泉やアルカリ泉質の温泉、設備も申し分なく久しぶりに良い温泉でした。

釣りはドライフライが絶好調でジョン君が30㎝と40㎝オーバーのマスを釣り上げました。
対岸では50㎝のヤマメを釣った人もいて、良く釣れる日でした。

P7020262
ジョン君が最初にニンフで釣った30㎝

P7020267
eliaukさんは気軽にショルダーバッグをかけながら釣りを楽しんだ。

P7020269
カディスで上げた40㎝。この日は生い茂った木陰が大物のポイント。
モンカゲロウフライも良かった。

釣りも禁漁まで3ヶ月。焦ります。清里2回、忍野2回とまだ小手調べ状態なので早く草津や尾瀬に行きたいです。
yamame,iwananohoukosagasi3664
中央高速道石川パーキングエリアで食べた「釜揚げシラス丼」は美味しかった

yamame,iwananohoukosagasi3662
入渓後すぐに小型サイズが立て続けにフライをくわえた

yamame,iwananohoukosagasi3661
やっと20㎝オーバー

今日のイワナはスレたヤマメのようなアタリばかり。連休中によっぽど攻められたのだろう。
良型のバラシがいくつかあったが、どれも過敏になっていた。

ドボンと言う大物ライズがジョン君の前で一度だけ有ったが、ニンフからドライに変える気力が起きなくて見送り。彼がいつも結果がいまいちな原因がここに有る。

その後ハッチも少なくライズも見ないので、適当に山菜採って切り上げた。
yamame,iwananohoukosagasi3659
上段左からワサビ、イタドリ、フキ
下段左からモミジガサ、ヤマカラシナ、コゴミ、ジュウモンジシダ

モスバックに寄った。やはりこの時期のイワナはセレクティブで、もう少し落ち着くまで厳しいそうだ。
色んな釣り場を勧められるが、草津や尾瀬で冒険するからせめて清里や忍野ではのんびり落ち着いて釣りしたいと伝えた。
それに、自分なりに清里は今入っている場所がベストだと思っている。

マスターお勧めの「キノコご飯と鹿肉の煮物セット1.400円」を頂いた。
yamame,iwananohoukosagasi3663
1年間有名店の板場で働いているジョン君は、「絶品!」の一言。前回忍野の海鮮料理をしのぐ美味しさだった。

髙根の湯に20時半に着いたが、ゆっくり入ったつもりでも閉店の22時にはならなかった。寝湯が最高。

P5070020
八重桜と鯉のぼりは湯船からも眺めることが出来た。

次男坊がハードな仕事のストレスでアトピーが出たので、かつて見違えるほど改善した経験のある富士吉田「不動の湯」に寄り、ここの水を汲んだ後に忍野へ向かった。

P5070035
不動の湯から忍野を下って行く。忍野は上流ほど用水路と化す。

まずは腹ごしらえ。
P5070024
新鮮な魚料理が味わえる名店「旬鮮道場」

P5070029
ライス、ハマグリとアサリのスープ、サラダ、御新香がついてこの海鮮丼が600円!そこに+100円で鮭のフライを付けた。

P5070032
海鮮丼のアップ

P5070031
ジョン君が注文したのはこちら

P5070034
店の前は芝桜

P5070022
川辺には大きなフキの群生。採っていたご夫婦が育てたもので今が食べ頃だそうです。

yamame,iwananohoukosagasi3648
最初にBHフェザントテールで釣れたマス

P5070036
自衛隊橋でセレクティブなマスと遊ぶ。ヤマメも結構見えてバラしもしたが、結局釣れなかった。

フライは色んな物を試したが、今日はドライが良く無かった。CDCカディスで1尾釣れただけ。
マラブー、カディスピューパー、ヘアーズイヤー、ユスリカピューパーも今日は駄目。
BHフェザントテール18番、グレーのMSC14番が断トツに良かった。MSCはグレーしか試していない。
MSCスペシャルの様なウェッピングのテールが沢山付いた奴では無く、普通のハックルティップのテールを付けたやつ。
BHフェザントテールとMSCにはヤマメも反応した。

ニジマスは25㎝から30㎝が6尾だったが、夕方の一時とは言え最初からMSCで勝負していたらヤマメも含めてどれだけ釣れただろうかと思うが、何度もこう言う後悔をするのが釣りと言うもの。

温泉、グルメ、釣りと楽しく充実した一日だった。

13時にイフさんと西武池袋線豊島園駅改札で待ち合せ。

思ったよりもポカポカ陽気で安心した。

今回も流れるプールで1時間、波のプールで2時間釣りをした。

P2170210
 残雪が残る中水温が低く渋かったが、そこそこ釣れた。

P2170211
 殆どが最初の1時間の釣果。前回はこの倍釣れた。

P2170209
 この日も私とイフさんが一番数上げていた。

波のプールで大物を狙ったが今日も空振り。
マラブー、MSC、フェザントテールを使った。
イフさんはルアーもやってみたが当りは無かった。
イフさんが最後に水面でライズしているニジマスを、カディスで狙い撃ちして釣り上げたのはお見事でした。

元旦から釣りする人は少ないと思ったが結構いた。

今日はマラブーオンリイ。緑と茶のマラブー。

最初の時間はアマゾンエリアで数釣り、残りの2時間はミシガンエリアで大物狙いの最近のパターン。

本日ニジマス以外で唯一釣れたイワナ
P1010219



















P1010220
 まーさんは今回も好調

P1010222
 1時間で今日は38尾

今日は大物の活性が高く、岸よりに50㎝級がかなり寄って来ていて浅瀬でもライズしたが、
またしてもフライを銜えてくれなかった。長時間大物の口もとでフライをいじったが、ダメ。
ミッジやテンカラまで取り出すべきだったと後悔した。次回1月20日に再チャレンジ。
本日もマラブーを小刻みに動かして爆釣!

PB180154
一番釣ったのは石川さん、振り向くたびに魚を取り込んでいた。

PB180157
松丸さんもコツをつかんでからは好調。

PB180158
正味1時間で49尾釣り上げて波のプールに移動した。
波のプールで大物を狙ったが今日も不発。夕暮れ時に巨大トラウトが5~6尾岸よりに集まって来たが、
食わせる事が出来なかった。


PB110141

としまえん入口は紅葉が綺麗だった。

ジョン君と二人で1時~4時まで釣りをした。

PB110143
本日のフライはは殆どマラブーオンリイだった。

私はウェットのリトリーブの練習に終始したので余り釣れなくて、殆どジョン君が得意のニンフチリメンリトリーブで釣り上げた。
今日はアマゴとヤマメも混ざった。
PB110146
色づいた落ち葉とアマゴとニジマス

PB110144
銀化アマゴ

PB110147
 ヤマメ

PB110148
波のプールで大物を狙うが不発。
今回放流した大物は特別賢くて、放流量が多い割には余り釣られていないと言う。
帰り際、ルアー専用区との境え目になる一番左側辺りが一番釣りやすい事に気付いた。
次回再チャレンジ。

PB110149
本日の釣果

本当は万座の奥に入りたかったが見当をつけた入り口がいくら探しても見当たらず、危ない思いをして探したが諦めて手前の沢に入る事にした。

1度は下見して二度目は青空倶楽部の女性二人を連れて釣りしたが、魚影は濃いけれど型はイマイチと言う印象の沢。草津の千代の湯で湯船に浸かっていたおじいさんに、尺イワナの宝庫と聞いていた沢だけに今回はもっと時間をかけて探るつもりだ。

01

19cm~22cmのイワナが次々にフライにアタック
02

03

04
本日の最高のポイント

六合村のタラノメが採れる渓へ行く予定だったが気が変わり、高速のインターを下りてさほど時間のかからない東吾妻村の渓流へ向かった。

この辺には気になる川がずらりと並んでいる。

吾妻川の南側に入る沢を選んだ。対岸を走る道路とこちら側の道路が合流する中流部の橋から入渓した。

IMG_2903

小さなヤマメが無数に群れていたが20㎝クラスもチラリと見えた。

IMG_2900

釣れたのは最大でも15㎝。ジョン君が名付けたそのものズバリ「キーホルダーヤマメ」

ブログネタ
釣りの話題全般 に参加中!
二十数年前、エサ釣りで好釣した時から、西川には頻繁に出掛けた。フライフィッシングを始めた当時に、一番足繁く通った川である。フライの師匠である、清里で喫茶店モスバックを経営する林勝美氏に教わったウイングとテイルにカーフテイルをたっぷりと使った#12ロイヤルウルフと言う大きなフライを持って、西川に入った。道路脇にトタン屋根の倉庫のあるすぐ下のポイントで、潜水艦が浮上してくるような迫力で尺を越す大イワナがロイヤルウルフを襲ったが合わせ遅れ。
名称未設定-1

私のフライフィッシングの師匠は、山梨県清里にある喫茶店「モスバック」のマスタ-林勝美さんである。
 
私は中学1年生の時に初めてヤマメを釣ってから、師匠に出会う25歳までずっとエサ釣りで通してきた。釣れた事よりも釣れなかった事の方が多かった。清里にたびたび行くようになったのは、近くの大門川や西川、梓川、千曲川源流で魚が良く釣れたからである。

ある日私はとっておきの穴場を見つけて、一人八ヶ岳へと向かった。清里、野辺山を過ぎて更に千曲川を下り海の口を越してしばらく進むと、左から湯川という赤茶に染まった支流が入って来る。その魚の住めない湯川の上流に出合う牛首川と言う支流である。穴場探しが大好きな私は、草津の吾妻川のような魚の住めない川の支流などに興味を持ち良く出掛けた。この牛首川にはそれ以上、かなりの期待があった。わざわざ魚がいるかいないか分からない牛首川に入らなくても、この辺りではいくらでも良い釣りが出来たのだから、場荒れするほど人は入ってないはずだという読みに自信があった。


2013年3月21日にフライフィッシングをしに忍野に行ってきた。

私の2013年度渓流解禁後初釣行となる。
今回の為に厳選したフライを用意した。


IMG_2778

忍野でフライフィッシングする前に、先に「不動の湯」へ

IMG_2779
この「不動の湯」は・・・
アトピーを始め皮膚病に効能が有るとして古くから親しまれ、
近年テレビで紹介され更に人気急上昇!
飲んで良し、浸かって良しの不動尊の霊水

IMG_2777

ただし、水汲みと入浴が16時半までしか出来ないので、釣りの前に寄った。
うちの焼肉屋のお客さんにアトピーで困っている人がいるので、汲んで行ってあげる。

ブログネタ
渓流釣り に参加中!
名称未設定-1

新潟県の越後湯沢へ家族旅行に出掛け2泊した帰りに、大源太川支流岩ン沢の釣り堀の看板を見つけて寄ってみた。
 
この2日間期待外れの結果だったため、
もう少し私も子供も魚と遊びたかった。

釣り堀は、ヤマメだけの釣り堀とイワナだけの釣り堀に分かれている。
どちらも20㎝~25㎝級が泳いでいる。
水は隣の岩ン沢から引いているので、清冽だ。

ヒレを痛めないようにコンクリートではなく土を固めて作られた堀で魚たちも居心地が良さそうだ。

turibori
岩ン沢の釣り堀 息子もヤマメに夢中。

 
ブログネタ
釣りの話題全般 に参加中!
名称未設定-1

どうも。副管理人で~す。

今回の【渓流釣り穴場スポット紹介】は・・・
歴史に挑戦します!

と言う事で、「トクさん」が大学生だった頃の思い出を語った記事をご紹介。

今から40年前の話なので、貴重かもしれません。

八ヶ岳の西川です。
ではどうぞ。

---------------------

小学校4年で渓流釣りを始めて、ようやくヤマメが釣れたのは中学1年の夏、場所は丹波川だった。
 
それからは同級生達と近県の釣り場へ良く出掛けた。
一番足繁く通ったのは高麗川支流の北川奥多摩の秋川だった。
 
良い釣りが出来たのは鶴川、桂川、浦山川、川浦谷、大血川、日原川、丹波川、狩野川の本谷川、河津川、中川川と言ったところか。

大学4年になって、ゴ-ルデンウイ-クに一人で上高地と木曾路に3泊4日の釣り旅に出た。
 
今は禁漁になってしまった味噌川や木曾福島の黒川、殿の小川 等で好漁した。
 
これに気を良くした私は、5月の24,25日を利用して、渓流の魅力に取り付かれながらも、今まであまり良い釣りに恵まれなかった呉を誘って、一番釣れると判断した木曾の味噌川八ヶ岳の西川へ向かった。
 
味噌川では予想道理26㎝のヤマメとイワナが釣れた。
呉は型は見たものの、満足出来る釣りとは言えない。
そしてその足で西川へと向かった・・・
 
6ani6aniwat6ani6ani


url

数年前起きた芝川での恥ずかしーい出来事を告白しちゃいます。

 意なポイントでイブニングライズをと思い、薄暗い中頑張ってました。

小雨の振る中決して条件は良くなかったのですが、幸いにもいくつかのライズを見ることが出来ました。
最後のチャンスだと勢い込み一番大物っぽい淵尻のライズを狙うことにしました。

すぐ隣の道路端には2台の車が止まって、じーっとこちらの様子を伺っているのが感じられます。
6ani6aniwat6ani6ani

h1

大門川で好釣してホクホク顔で車に戻ってみると、車内は蒸し風呂状態だった。

正面のウインドウガラスの真下に変人Jさんの携帯電話が6月の太陽の光をもろに浴びてギラギラと輝いていた。

「こんなところに置いとくと壊れちゃうよ」と行った時にはすでに手遅れで、液晶画面は何も映らなくなっていた。

それでも釣れて機嫌の良い変人さんは、さほど気にするでもなくモスバック(徳2号の師匠が経営する喫茶店)へと向かった。

md2


yamame,iwananohoukosagasi181

2013年3月のイベント告知です。

「いつものところFFクラブ」「十条夜遊び隊」「チームトクボクシングクラブ」等
毎月いろいろな活動をやってます。

参加希望の方がいらっしゃいましたら、
メインである「焼肉いつものところブログ」にコメントお願いいたします。

↓↓↓↓↓↓
3月の遊び参加者募集!


では、今年3月に行うイベントは・・・

名称未設定-1

今日紹介するのは

プチホテル&レストラン オールドエイジ 

imgres
 
jpeg

こちらも2006年度の記事ですが、昔の静岡県富士宮の芝川様子をレポートいたします。
参考程度に見ていただければと思います。

前年の秋に芝川に来た時、水は清く、ヤマメも濃く、久々の好釣り場を見つけたと喜んだ。

しかも、音止ノ滝下流の本流で、徳一号が40㎝級の大ヤマメのライズを、2ヶ所で見てしまい、今回も胸ときめかせてやって来た。

名称未設定-1

今回は旧サイトで人気だった企画
【渓流釣り場周辺の温泉・旅館紹介】です。

2012年02月07日の記事なので、
今、現状が気になるところですが参考にしていただければと思います。

今回は群馬県草津で私が行った中で、助けになった旅館です。

jpeg

名称未設定-1

とりあえず、としまえんフィッシングエリアの記事を何本か書かせていただきました。
次回4回目行ったら記事あげておきますね~。

最後にこんなのも釣れるよと言う事でご紹介。

TFA(としまえんフィッシングエリア)で釣れる大型ニジマス(50cm~75cm)を「スーパー練馬サーモン」と呼ぶそうです。

写真は「TFAのブログ」からお借りしています。

 
としまえんフィッシングエリアTFAのブログ記事

先日、としまえんフィッシングエリアの記事を2本書かせていただきましたが、
初めて行った2012年10月28日の記事を掲載します。

前々から興味があったとしまえんフィッシングエリアに行ってきた。

「東京で擬似的に渓流釣りを楽しめる新スポットできたんですよ~トクさん!」と言う話を焼肉いつものところFFクラブの面々から聞いていたので、わくわくしながら豊島園の駅に向かった。

jpeg

視界が開けていて気持ち良く、のどかな場所でした。
あの豊島園のプールがこんなに居心地の良い、フライフィッシングスポットになっているとは!
 

FlyFshing+について

「FlyFishing Plus」は2001年にOPENしたフライフィッシング情報サイトです。

トクさんが見つけた穴場の渓流釣りスポットや、周辺の観光地を紹介。また、ネット通販で購入したフライフィッシング用品のレビューも掲載しています

著者のトクさんについて

フライフィッシングとアウトドア、ボクシングが趣味な十条にある焼肉店の店長。

十条焼肉いつものところの店長の写真
某高校ボクシング部の監督として活動後、親が経営していた「焼肉 金剛山」を継ぐ。2002年に十条に「焼肉ピュアティ」を開店。2011年に移転し十条で「焼肉いつものところ」の店長として現在活動中。また、自身が立ち上げたチームトクボクシング教室でコーチとして指導を行っており、月に数回練習会も実施している。
そして中学の時から渓流釣りを行っており関東付近の様々な釣り場に足を運んでいる。熊の出没する山中に赴いたり、ポイントを探す為にロッククライミングをしてしまうなど、アグレッシブな方です。

いつものところFF倶楽部について

渓流釣りとフライフィッシングを楽しむ事を目的に、2000年に発足されたトクさん主催のサークルです。関東にある様々な川に赴き、渓流釣りと周辺にある宿や食事、温泉を楽しんでいます。

いつものところFF倶楽部
活動は不定期となっていますが、中学にフライフィッシングをはじめてキャリアの長いトクさんと共に釣りができると言う事で、様々な方が集まります。
現在メンバー募集中なので、皆様是非!

いつものところ倶楽部について

トクさんは頻繁に仲間をつれて、渓流釣りやアウトドア、山菜、きのこ狩り、バーベキュー、磯遊びに行っています。他にもボクシングの練習会や、十条で飲み歩き等幅広く行っているので、そういった活動をサークル化しました。それが、「いつものところ倶楽部」です。

いつものところ倶楽部の写真
年に一度、お店を貸切にして忘年会も行います。現在メンバー募集中なので、興味のある方は「焼肉いつものところ」へ是非顔を出してみてください。

北区十条の焼肉店「焼肉いつものところ」について

十条にある焼肉いつものところの写真
日テレ「ヒルナンデス」や「ABChanZoo」「火曜サプライズ」にも出演した、トクさんが経営している焼肉とお酒が楽しめるお店。十条で10年目。佐賀県伊万里牛を扱う、焼肉と韓国家庭料理のお店。