トップ > フライフィッシングレポート

フライフィッシングレポート

 

久し振りのホームタウン。

先ずは千曲川支流。10時釣り開始。
ルアー釣りの人、餌釣りの人。

先行者がいても魚がスレていても、ホームタウンなら何とかなる。今日はフライの日だったようだ。
MP
ヤマメばかりいるポイントとイワナばかりいるポイントが有る。ヤマメは8寸揃いがあちこちで身をひるがえしたりライズしている。#16カディスに1度だけアタックしてきたが、電光石火で合わせられない。

すぐ上のイワナばかりいるポイントへ移動して#12アントパラシュートを落とす。
MP~2
直ぐに分かりやすいアタリが有り、20cmのイワナが釣れた。明らかにアントへの反応が良い。同型が3尾の後25cmのイワナが来た。


PXL_20220525_044800486
少しおとなしくなったのでフライを#14のパートリッジニンフに変えたら魚からフライを探して追い掛けて来る勢いで釣れてくるが、
小型ばかり。
ニンフは小型に人気か?と思ったら、急流の中から向こう合わせで25cmのイワナが来た。
大小様々で小型でも居付きのオレンジ色がいるので、繁殖力の有る川なんだと思う。

よし、このニンフとドライアントでさっきのヤマメ達にリベンジだ!
水面にはミッジ、カディス、クロマダラカゲロウ、時々モンカゲロウも現れる。ヤマメも朝昼問わずライズする。
自信満々のアントには突っつくけれど食わず、パートリッジニンフには極小のアタリが時々あるが乗らない。姿の見えないイワナだけが食い付いてくる。カディスの逆引きにも興味を示すそぶりだけ。
いきなりの大雨に戦意喪失。
夕マズメの闇討ちならばナンとかなるかな〜。
今度はミッジドライとテンカラでリベンジしようと決めた。
ゴールデンウィークで抜かれているはずなのに、千曲川支流は魚影が濃い。

師匠に挨拶に寄ったら留守だった。

雨が止んで絶好の釣りタイム。
裏の川へ行き僅か15分程度の釣りだった。
水面上にはアカマダラカゲロウが沢山飛んでいた。
25cmが2尾釣れて大満足。
MP
PXL_20220525_084830635

2尾共#12マドラーヘッドカディスを引ったくるようにくわえたと思ったら、アッという間に水底に引っ張っている。綺麗な力強いイワナだった。

#つ抜け #アント #パートリッジ

MP~2
水芭蕉が咲き始め、フキノトウが食べ頃に咲いていた。ここはまだ早春。

PXL_20220506_023633606
川沿いに雪が沢山積もっていて難しい釣りとなりました。

PXL_20220506_024404762

IMG_20220507_080651_020
ニンフで20センチのイワナ1尾釣って同型を1尾バラシ。

IMG_20220507_080650_917

やはりこの川にとって適切な時期では無かったと言うこと。その川のベストシーズンに行くべきですね。
先行者がいたのも痛い。

でも大自然を満喫出来た。

#フライフィッシング #パートリッジニンフ #川場ビール 



PXL_20220427_123933848~2
利根川漁協の年券を買いました。



PXL_20220427_022045060
利根川の支流のその又支流に釣りに行って来ました。



PXL_20220427_062812811
足元でイワナが泳ぐ大自然。

魚があちこちビュンビュン走るのを見たのは久し振り。


MP~2
綺麗なイワナと魚影の濃さに満足な1日でした。



今年も数々のドラマが起きますように。

#今年初渓流釣り #綺麗なイワナ #利根川の支流のその又支流 #温泉
湯川

line_362443330083473

いつものところ倶楽部釣り部5名で、イブニングライズアワーを期待して信濃追分の湯川を選んだ。

午前中は中軽井沢湯川のとんぼの湯駐車場に車を停めて15分程歩いて入渓。
倒木の多い渓流ではあるが、気持ちの良いせせらぎでポイントも多く楽しめた。
line_362444160832827

15〜16cm程度のヤマメで、さほど魚影は濃くない。私がドライフライで1尾、友人がルアーで1尾釣った。
MP

line_362445059793802

トンボの湯に近い程魚影は薄い気がした。
下流に入った仲間はアタリ無し。

line_362446092550571
14時から信濃追分の湯川トラウトパークに
移動。ライズアワーを期待する。

暗くなる直前に凄いライズが期待出来るが、それまでをどう釣るのかが課題。
案の定アタリが無い。
ayaさんがこの川の常連さんに「ミッジでやれば魚は出るけれど釣れないよ」と言われて、ミッジのドライに変えた途端バンバン良型のヤマメがアタックしてきて驚いたそうだ。でもフッキングは難しい。

大淵では尺を遥かに越すイワナが2尾クルージングしているが、やはり常連さんが「釣れた事が無い」と言う。

暗くなるに連れて少なかったハッチが徐々に増えて来て、真っ暗になる直前にはまさに凄まじいライズアワー。
line_362446787593453
私のフライには2度アタリが有っただけで釣れなかったが、次男坊のスンジョンは初めてのテンカラ釣りで、ライズしている魚を狙い撃ちして3尾の大物を掛けたが、まだ慣れないせいか取り込みが出来ずネットインには至らなかった。

最後の大物を掛けた時は、私がネットを持って待機していたのだが叶わなかった。

釣れなかったのに楽しかった。
全員がそう実感していた。特に次男坊は大漁
だったような興奮の仕方でテンションマックス。
水面下をノンウェートの毛鉤で自然に流す釣り、そして糸を水面に必要以上に漂わす事が無く、一点の釣りであるテンカラの効果を改めて認識した日だった。

来年は軽井沢キャンプゴールドでキャンプして、2日連続でイブニングライズに挑戦しようと決めた。
禁漁も間近い9月中旬。
何処に釣りに行こうか迷っていた。
信濃川上の千曲川水系にするか信濃追分の湯川のライズ狙いか、富士5湖の支流に行こうか…

You Tubeを観ながら考えていると、利根川本流テンカラ釣りの名手ジローさんの映像が目に入った。
https://youtu.be/iC6fnWsE2wQ

フーテンの寅さんのような親しめる風貌。
テンカラロッドを巧みに振り込みながらそれ以上に巧みな話術で観る人を飽きさせない。そしてその最中にもヤマメをどんどん釣り上げる。36cmのヤマメ、40cm超えのイワナ等。
そうだ!  ジローさんが釣りしている利根川本流に行こう!
友人と二人で利根川に向かった。セブンイレブンで2.000円の遊漁券を買って川に入った。
MP
荒瀬の中に釣り人がいる。シルバーのテンカラロッドを振っていたが、突如ネットに激しい飛沫が入り両型の魚が釣れた事が明らかだ。その姿は正に昨日までYou Tubeで観ていたジローさんそのものだった。

ジローさんのいる下流からドライフライ、ニンフ、ルアーと頑張ってみたが駄目。魚の走る姿は見かけたが、渋いイメージ。
line_682045183291190
line_682054897907887
line_682087399394875


一度上流に遡行して行ったジローさんが再び最初のポイントに戻って来たタイミングで声を掛けた。
「ジローさん、You Tube観てますよ」
ジローさんは照れくさそうにそして少し嬉しそうに、利根川の近況やテンカラの話をしてくれた。渋いと言いながらも今日大物も含めて6尾上げたと言う。
PXL_20210917_063338003


川で別れた後に近くの日帰り温泉の湯船に入っていると、ジローさんが偶然又隣り合わせになったので釣り話が続いた。
ジローさんのテンカラ毛鉤は意外にもAmazonで売っている「ブラックナット」と言うフライフィッシング用のドライフライ。フロータントも何も付けずに沈むに任せて自然に流している。
ウェイト無しで自然に沈んで流れる毛鉤に魅力を感じ、参考にしようと思った。
line_554638889794761
又機会が有れば利根川で毛鉤を振りたい。そしてジローさんにも会ってみたい。
朝、温泉に到着したが、先ずは支流を15分歩いてから入渓。

PXL_20210902_032845520
道からの高低差が無く安心して釣りが出来る

PXL_20210902_023215095
所々魅力的なポイントが現れる
PXL_20210902_020903201
ナメの多い渓流でとても歩きやすい
MP

PXL_20210902_001835982
長い樋の様なポイントが面白い

IMG_20210903_055616

この日は友人はルアーとドライフライ、私はドライフライで通した。

支流はキーホルダーサイズやルアーサイズの小イワナの入れ喰い。下流部は魚影が薄い。流程が長いので1時間位歩けば良い釣りが出来るかも知れない。両型が釣れれば渓相、釣りやすさ共に魅力的な渓流。

本流は最近の雨続きで水量が多く、川幅一杯に流れていて釣りにくい。ヤマメのアタリも有ったが、22cmのサイズの割には太ったイワナが釣れた。
利根漁協では、小住温泉付近に定期的に50kgのヤマメを放流している。
でももっとずっと下流のヤマメ狙いも面白いと思った。

小住温泉(こじゅうおんせん)は、この日露天風呂が冷泉になっていたがさほど冷たく無く、非常に良い泉質に感じた。温泉のスタッフが明るく元気でやる気を感じる。




PXL_20210813_001058103
宿の小林さんに勧められた川へ行ったが、先行者が3人いて退散。

他の川の上流に行った。車止めから歩いて30分の所から入渓。途中すれ違ったルアーウーマンは全然駄目だったと言う。
PXL_20210813_012842539

フライを落としたいきなりから当たりあり、バラシ2回、当たり5回。ヤマメでしかもスレている。合わせた時には既に矢のように逃げていく。
PXL_20210813_035808300

PXL_20210813_040903562
でも渓相抜群、水も雨の最中でもこの透明度。近場でこの自然の資質の高さは凄い。

似ていると言えば金峰山川が近いかな。

道も舗装されていて随分綺麗。
相棒共に30分と言わず1時間歩いたら相当釣れそうだと言う結論でした。

宿の小林さんに、すごい穴場を他に2ヶ所教わったので楽しみ。

次男坊に付き合って湯治に来ています


湯治2日目、桂川本流の尺ヤマメ狙いで夕方入渓。
雨の中、尺物のライズや両型のライズが時々有ったものの、ウグイ4尾に終わる。明日は一日中雨。 
MP
MP
MP



PXL_20210715_023010365

魚芳旬鮮道場

PXL_20210715_021351323

海鮮丼  1.000円

美味かった〜! 

PXL_20210715_092109049
PXL_20210715_063857599
PXL_20210715_063846674
PXL_20210715_063852440


今日はモンカゲロウが少し飛んでたので#10モンカゲロウドライで面白い釣 りが出来ました。
「#30ミッジと細いティペットじゃ無ければ釣れないよ」と言うギャラリーの目の前で、5Xティペットと#10モンカゲロウドライで定位していた大きなニジマスを狙い撃ちで釣りました(笑)


PXL_20210715_063834825
写真のマドラーミノー風カディスが一番良くて、少し沈んだ状態で写真の尺ヤマメと26.5cmのヤマメが釣れて、バラしたヤマメはもっと大きかったです。


MP
MP


ロイヤルコーチマンパラシュートでも ニジマスが釣れました。


今日は物凄い数のヤマメが泳いでいて
楽しめました。
モンカゲロウのスーパーハッチが有る日に当たれば、素晴らしい釣りになる事でしょう。

今回は冷や麦、BBQ、ホットサンドを食べました。

PXL_20210705_120807172

PXL_20210705_062757304
火起こし、テント設置もお手のものとなりました。
MP
PXL_20210706_030355260
MP
PXL_20210705_080932604~2
MP
釣り三昧でした。


今回は水量が多すぎて釣りづらい面も有りました。
滝下は以前魚が沢山見えた頃に近い好状況で、フライには来ないけれどルアーには沢山のチェイスが有りました。
同じ場所でも前日は良かったのに翌日は良く無かったのが、この釣りの難しさ。
親切な地元のおじさんに釣り場を教わったら、他の釣り場はほとんど40分以上の歩きが必要です。
今度地元の人が釣りとキノコ狩りに案内してくれるそうです。
今回はタフな釣りで下半身筋肉痛で大変です。


温泉も2ヶ所行きました。

道の駅の野菜は美味しいですね。


次回は簡単で美味しい焼きおにぎりを作りたいです。

那須、尾瀬と良い釣りが続いてます。
特に那須の釣りは強烈な印象で、歩き過ぎて帰り道は全員フラフラでした。
全く釣れなかった大淵を帰りに道から覗いたら、尺上2尾を頭に25cmクラスから小型まで左岸のナメに群れていたのを見て、未熟さを痛感しました。IMG_20210623_112453

尺上イワナを絶対釣ると意気込んだけれど、25cmが釣れれば良いと言ってた息子と逆転!
息子32cm、私は25cm。一時はワンキャストワンフィッシュでざわめきました。IMG_20210623_113428
でも熊の足跡も凄かった。
「ピッピー」と笛を吹く度に「キュイーン」と返してくる不思議な鳴き声。それが子熊だと分かった時は親熊が現れるのかと緊張しました。
雨は降らず晴れでした。
2時間半の歩きで済みましたが、今足がパンパンです。
往復13km。
この位歩けば心置きなくイワナが釣れます。

PORTRAIT
MP
MP
PXL_20210610_024316209
PORTRAIT
PORTRAIT
PORTRAIT
一時は入れ喰いのようにポンポンと続きました。

PORTRAIT
刺さないと分かった途端にお友達となった蜂さん。沢山お友達が出来た。



PORTRAIT
今日は往復3時間以上歩いて足腰ガクガク。


https://youtu.be/OvQQ-eISINI


同じように歩けば釣れる川が今頭の中に8ヶ所有るが、今年は後何処に行けるだろうか。

MP
朝6時の関越自動車道川越付近は霧に包まれていた。


PXL_20210519_231300961
戸倉を過ぎて尾瀬大清水に向かう道は新緑のトンネル。尾瀬に来る楽しみの一つ。晴れた日の木漏れ日の美しさは格別。

PXL_20210520_021521599
一人の釣りは恥も外聞も要らない。普段は敬遠する様な道無き斜面を、ゆっくりとびびりながら尻移動。枯れた木は掴まない様に気を付けながら。

綺麗な渓流。

自然の資質が高い。
渓相、水量、透明度申し分無し。
至福の時間。

IMG_20210611_120517
8時30分から釣り始めて13時迄アタリ無し。大きな堰堤を2つ高巻いた辺りから魚が走るのが目につくようになった。白や黄色のストーンフライ(カワゲラ)がハッチしていていたので、それらを模したフライを水面にプレゼンテーションしたが反応無し。困った時のロイヤルコーチマンを試すことにした。 
MP

MP
ロイヤルコーチマンパラシュートに変えた途端、深瀬からいきなりイワナがアタック!

次も深瀬から!
バラシのオマケまで続く。
最初からこのフライでフカセ中心に狙っていたら、もっと釣れたかもしれない。
そう言えば30年前にもこの川で、沈んだこのフライを数尾のイワナが追って来たっけな〜。 

PXL_20210520_070314207
釣りの帰りに大清水休憩所の人に駐車代を払いながら、生まれて初めてコシアブラらしきものをサンプルで採ったので確認して欲しいと言って見せたら、コシアブラだと言う答え。でも木にトゲが有ったと言った途端それはバカタラだと。又もやコシアブラでは無くガッカリした。
永遠のテーマかコシアブラ !

PXL_20210520_071825511

PXL_20210520_071938883
時間が余ったのでいつも見過ごしている大清水湿原を歩いた。
思った以上に広くて規模も大きかった。
気になったのは、隣の大清水小屋が荷物がみんな表に出ていて2階の窓も開けっ放しで廃虚と化していた。釣り場でも昨年渡れた吊橋が壊れていた。吊橋は台風で、大清水小屋はコロナが原因だろうか?
 ※現在大清水小屋は更地になっています。

PXL_20210524_105754221
PXL_20210523_082428876
結局ストーンフライ、カディスも試して駄目だったのに、ロイヤルコーチマンパラシュートに変えた途端に深瀬から吸い付く様にイワナが次々にアタック。

ロイヤルコーチマンのアトラクター的要素は、他のフライでは敬遠されるピンクのウイングまで巻き込んで味方にしてしまう力が有るようだ。 




IMG_20210608_170427
本流でのライズハントの楽しみを夕方に残し、昼は正に春の小川の様なのどかな沢で小ヤマメに遊ばれた。

IMG_20210608_170504
本流は明るい時間帯は全く魚がいそうも無かったのに、イブニングライズは自分の釣り座で7ケ所位。黒のカディスが沢山ハッチしていて、黒のカディス以外では反応がなかった。ライズポイントは遠かったり流しにくい所ばかり。バラしたり合わせ損なったりで最後に真っ暗になる寸前に釣れました。 
随分以前にここでイブニングライズを経験した時は、そのライズの凄さに驚いた。小さなライズが無数に起り小魚かと思っていたら銀毛化した尺ヤマメだった。ここのヤマメは頭部が小さく胴体が大きい「弾丸ヤマメ」と呼ばれていて、当時は福島県から通う釣りグループもいるほど人気だった。

現在の信濃追分下流の湯川は、トラウトパーク軽井沢と名称が付いていて、フライとルアーに限られている。完全なC&Rでは無くて、同じ遊漁券1.300円で3尾までは持ち帰りOKと言う決まり。イブニングまでは全く反応が無いので、イブニンク狙いはその分楽しい。
遊漁券売り場が近くに無くて、コンビニでは中軽井沢離山の板倉セブンイレブンでだけ取り扱っている。1.300円で現場売は2.000円。

yamame,iwananohoukosagasi3736197
千曲川水系の名渓、佐久の大石川へやって来た。
水無川合流点から入渓した。ここからは葦と堰堤続きの渓相から解放された自然渓流。
すぐ上の大堰堤まででも以前は結構な釣果だったが、今回は当りなし。
前回行った草津の川は渇水だったが、ここは増水で条件としては良い日に違いない。
大堰堤の左岸を巻いていよいよ本格スタート。
yamame,iwananohoukosagasi3736191
小さなポイントでギラリと光ってアタックして来たイワナは良型だったが、岸際でバレてしまった。
これを見ていた友人も俄然やる気を出して釣り進んだ。
上流へ進む程滑床が大きくえぐれたこの川独特の渓相に心弾むがイワナからの返信は無い。

yamame,iwananohoukosagasi3736196
やっと釣れた1尾は19㎝。大堰堤上は放流が無くネイティブの世界。
yamame,iwananohoukosagasi3736189
素晴らしい流れは延々と続くが、川沿いに戻る苦労がドンドン増えて行く事を考えると不安も増す。

そんな時、仲間が左岸からこちらを見下ろす人を発見。その人は山の中へスーッと消えて行ったと言う。竿は持っていなかったそうだ。幽霊か・・・有り難い道しるべか・・・。
yamame,iwananohoukosagasi3736192
とにかく登ってみる。
すると下流方向に向かう杣道発見!スムーズに戻る事が出来た。
yamame,iwananohoukosagasi3736190
クルマ近くの水無川が今日は水量も多く気になったので竿を出してみた。
yamame,iwananohoukosagasi3736195
写真のポイントですぐに24㎝が釣れた。同じポイントで同型にユータンされた。
少し上に入った二人は、川がひどく汚れているポイントを見て興ざめしたと言う。

いろんな渓流を横断する形で南下して、本日最後の釣り場を探す。
選んだのは杣添川。ここは随分前に、同行した友人が下流の農道から入って、イブニング時に尺イワナを掛けてランディング時にバラした思い出が有る。八ヶ岳高原ヒュッテ下流のだだっ広い河原の真ん中を流れる細い流れで23㎝クラスが数釣れた思い出も有る。

川の左にある道を進んでクルマを停められる場所を見つけて入渓した。yamame,iwananohoukosagasi3736193
「徳さんの好きな渓相だね】と槇さんに言われた。正に深瀬の多い流れで自分好み。ここは大堰堤よりも上のようだ。
yamame,iwananohoukosagasi3736194
当たりは少なかったが25㎝が釣れた。槇さんも同型でもっと肥えたやつを釣った。

ラストスパートの9月は何回釣りに行けるだろうか?



yamame,iwananohoukosagasi3736182
先ずは道の駅で腹ごしらえ。

釣り場に向かってクルマを走らせる。随分前に来たので、未舗装がアスファルト道路に全て変わっていたので驚いた。

道順も変わっていて迷ってしまい中々辿り着く事が出来なかった。記憶以上に山奥だった。

入渓直前、私以外の3人が口をそろえて熊の鳴き声を聞いたと言う。そんな緊張感に包まれながらの釣り開始となった。yamame,iwananohoukosagasi3736186
豪快な景色に圧倒させられる。
yamame,iwananohoukosagasi3736187
小型だがすぐに釣れた1尾に口もとがほころぶ。小さな落ち込みの白泡から出た。同じ様なポイントで1尾バラシ。
yamame,iwananohoukosagasi3736184
水は澄み、光と影のコントラストが美しい。
yamame,iwananohoukosagasi3736183
以前来た時よりも水量はかなり少ない。
yamame,iwananohoukosagasi3736185
小さなヤマメが釣れたので、まだヤマメを1度も見た事が無いあいこさんに見せた。この後同じようなのがもう1尾釣れた。
yamame,iwananohoukosagasi3736188
20㎝のイワナが釣れて竿納。水量の多いV字峡谷は何処へ・・・。
yamame,iwananohoukosagasi3736181
渇水ではあるが、この渓流に相応しい美しいポイントで竿を出す槇さん

前回6月に嵐の中でも釣れたので、天気が良ければどれだけ釣れるのか再び確かめに来た。
yamame,iwananohoukosagasi3736166
元々水の綺麗な「青い川」と呼ばれているこの川の、本当の美しさを仲間に見てもらいたかった。yamame,iwananohoukosagasi3736162
入渓点は広くて静かな浅瀬
yamame,iwananohoukosagasi3736160
上高地の様な風景
yamame,iwananohoukosagasi3736159
徐々に落差が出て来る
yamame,iwananohoukosagasi3736155
アタリも出て来て
yamame,iwananohoukosagasi3736161
おチビちゃんが釣れるyamame,iwananohoukosagasi3736154
更にポイントが増す
yamame,iwananohoukosagasi3736157
でも釣れるのは更に小さいキーホルダーサイズ
yamame,iwananohoukosagasi3736165
やっと23㎝
yamame,iwananohoukosagasi3736163
続いて21㎝

前回の嵐の時の方が良かったかも知らない。
キャンパーも多く、魚も賢くなっている。でも魚は多い。
良型も何度かバラシた。大きなポイントには良型がいたし、大きなフライに大きいのが追って来た。
私は小型が主に8尾の釣果だったが、先行したマキさんは26㎝2尾頭に良型ばかりツ抜け。
まだまだ通えばどんどん釣果が上がりそうな期待の持てる川だった。

前回は26㎝を頭にアベレージサイズ23㎝、渓相良く自然の資質も高い素晴らしい群馬県の釣り場へ満を持して4人でやって来た。
yamame,iwananohoukosagasi3736167
今日は釣る気満々
yamame,iwananohoukosagasi3736173
釣るのを我慢して魅力的な支流を下りていく
yamame,iwananohoukosagasi3736169
本流と合流して釣り開始
yamame,iwananohoukosagasi3736176
早速小型1尾
yamame,iwananohoukosagasi3736175
ゆっくり釣り上がる
yamame,iwananohoukosagasi3736168
相変わらず小さいのがポツポツyamame,iwananohoukosagasi3736170
仲間がやった後を釣る楽しみを味わうyamame,iwananohoukosagasi3736171
小さなネットに入れて少しでも大きく見せようとするせこい私

先行したマキさんは良型を含めてツ抜け。私はその半分。アタリも沢山有ったが魚もスレていた。

型揃いだった一昨年とは打って変わってちびっこが多かったが、天気や日が変われば大きいのばかり釣れたりするのだろう。そんな経験を数え切れないほどして来た。
釣り上った1㎞は、前回よりも水量も多く素晴らしい渓相だった。
yamame,iwananohoukosagasi3736149
東京から日帰り圏で水の綺麗な川としてはNO1ではないだろうか?
yamame,iwananohoukosagasi3736144
白州の尾白川、丹沢の中川川、大月の真木川、南アルプス野呂川も綺麗だが、渓相も含めてここが一番綺麗だと思う。
そしてその美しい渓流から釣れる金色のイワナに逢いたくて、今回は予定を変更して千曲川支流を選んだ。

各地で集中豪雨の起きる中、釣り部長のおざきさんが数日前に泣き尺を頭に数釣りを楽しんだと言う事で、右にならえでやって来た。yamame,iwananohoukosagasi3736153
名峰とチーム徳Tシャツ
yamame,iwananohoukosagasi3736148
友人の釣りを見つめるロッドとリールと私
yamame,iwananohoukosagasi3736151
「そんなんじゃ騙されないよ」と言う子イワナを「じゃあこれならどう?」と釣り上げる。セレクティブで人間不信。
yamame,iwananohoukosagasi3736147
金色のイワナ
槇さんがツ抜け。他は少々。
yamame,iwananohoukosagasi3736152
12時集合でランチを楽しむ
yamame,iwananohoukosagasi3736145
他の支流へ移動。蓼科で初イワナを釣ったメンバーがイワナを数尾ゲット!
yamame,iwananohoukosagasi3736146
こちらのイワナは普通の色だった
yamame,iwananohoukosagasi3736150
釣りの師匠の店モスバックに寄り、他所の温泉が殆ど休みの中営業している
道の駅韮崎「ゆーぷる韮崎」で汗を流した。


群馬県の秘境に釣りに行って来た。

林道をせっせと歩いて入渓点に近づいて沢を見下ろすと、良型がビュンビュン水中を走っている。この沢で久しぶりに見る光景。今日は釣れると期待が持てた。

しかし、いざ釣り始めて見ると反応は今一つ。型も小さい。まだ時間も早いのでのんびり釣り上ればきっとそこそこ釣れるだろうと思っていた。そして過去6回来ている沢だが、まだ釣った事の無い初めてのポイントに辿り着いた。
yamame,iwananohoukosagasi3736142
膝立の低い姿勢で釣る遠藤さん
yamame,iwananohoukosagasi3736139
岩盤の際を流しているとピチャッと小さなあたりが有ったが合わせられず、同行の遠藤さんにそのポイントを勧めた。すると今度はバシャっと明確な当り。グングンとロッドをしならせる。家庭の風呂の様な狭くて深いポイントで足元は広い平らな1枚岩。暴れて走り回るスペースが無い魚にとっては運の悪いポイントで、一気に大きなまな板の様な1枚岩に引きずり上げてあっという間に勝負あり。
yamame,iwananohoukosagasi3736138
イワナは思ったよりもデカい。いや、デカすぎる!小さな沢で37㎝。ワニの様な面構えにゴン太ボディ。驚きである。

その後他の沢を進んだ槇さんが合流。リリースの後だったので動画を見せた。当然その上流も一同気になる。足場は良く無いが色々思案して進んだ。

yamame,iwananohoukosagasi3736141
仲間から天狗と呼ばれる槇さんは、倒木を利用して先に進んだ。そして更に上流は一旦下流に下り杣道に出て、暫く登り上流に辿り着くことが出来た。

上のゴルジュの淵では25㎝~27㎝が4尾釣れた。最初の3尾は槇さんが2分間で釣った。

yamame,iwananohoukosagasi3736137
私も参加して1尾。遠藤さんの37㎝を見た直後なので、釣った魚をメジャーで測るまでは22~23㎝程にしか感じていなかった。
yamame,iwananohoukosagasi3736140
その直後!驚くことが目の前で起きた。槇さんが釣った3尾のイワナをネットに入れて水中に浸して、リリース時に後でまとめて写真に撮ろうとしていたのだが、いつの間にか槇さんと私の足元の浅瀬にイワナが2尾泳いでいる。ネットから逃げ出したかと思って目をやると3尾ちゃんと入っている。
足元の平らな40㎝角の岩の下に住み家が有るらしく、深場と浅瀬を行き来しているのだ。よく見るとネットに収まっているイワナよりも少し大きい。魚影の濃さに感動のひと時でした。

更に上流は期待に反して当りなし。先程釣れた辺りは竿抜けだったようだ。


最初の入渓点よりも下流で遊んで帰る事にした。槇さんは丹念に釣って24㎝2尾と小型1尾。
yamame,iwananohoukosagasi3736143
私は19㎝だったが、ライズを取ったので凄く楽しかった。
やはり下流にも魚はそこそこいるようだ。

7月の幸先の良い釣り。今月の釣りはまだまだ
ドラマが生まれそうだ。



駐車場にクルマを止めて5時半に乗り合いタクシーに乗って6時半に登山バス乗り場に到着。
yamame,iwananohoukosagasi3736128
センターでお弁当を食べて仮眠して8時発の登山バスを待つ。
yamame,iwananohoukosagasi3736132
登山バスに乗って釣り場で下りて支流で釣り始めるが、雨でグレーに染まった川はドライフライもニンフにも反応なし。
yamame,iwananohoukosagasi3736129

yamame,iwananohoukosagasi3736127
只1度ニンフの周りに絡みつくように寄って来たイワナを確認。
yamame,iwananohoukosagasi3736126
しかし、フライロッドの損傷でルアーフィッシングをした友人はイワナの好反応にビックリ。2尾のイワナを釣り上げた。
yamame,iwananohoukosagasi3736135
水温はかなり低く、ウエーダーを履かずにウエーディングシューズにゲーターと言うあまいいでたちの私は、足が冷えて固まり斜面を登るのにてこずった。
yamame,iwananohoukosagasi3736130
本流に下りようとしたが、下りても水量が多くて先に進めそうも無い。
yamame,iwananohoukosagasi3736131
崖を無理して下りるのを断念。

登山バスに乗り確実に釣りの出来る本流のポイントに移動した。

本流は顔に当たると痛いほどの強い雨と体ごと飛ばされそうな突風の連続で正に嵐の中の釣りでした。天気予報は曇りだったのに。風に飛ばされて容易にドライフライが水面に落ちない。
yamame,iwananohoukosagasi3736134
それでもドライフライで26㎝を頭に3尾。
yamame,iwananohoukosagasi3736136
同行者のルアーに1尾釣れたのでそのポテンシャルの高さに驚きました。 
yamame,iwananohoukosagasi3736133
ハッチが有る穏やかな日だったら、どれだけ釣れるのか勝手に期待してしまいます。
駐車場への最終バスが16時代なので、イブニングライズを期待するのならばキャンプ釣行が望ましい。

南アルプスの釣りの帰りに寄った、素朴な村営の日帰り温泉「天笑閣」。

群馬県釣行で半袖シャツを着て藪こぎして出来たかぶれ、湿疹が嘘のように綺麗に治った。
温泉効果に間違いない。
今回のpH9.8の炭酸水素塩泉の効力は凄かった。
次回またここに来たら必ずこの温泉に寄ります。

名もない沢で釣りをして3つの渓流をはしごしました。
yamame,iwananohoukosagasi3736117
最初に入った渓流。 千曲川の支流高石川に似た苔むした緑濃い良渓。
yamame,iwananohoukosagasi3736118
でも魚影は今ひとつ
yamame,iwananohoukosagasi3736114
もう一つの渓流で釣りをするしょうさん。この日はまだ釣れた事の無いあいこさんを付きっ切りで教えて、見事釣らせてミッションをクリア。
yamame,iwananohoukosagasi3736119
2番目にしょうさん達が釣りしている渓流に合流。クリンソウが咲いていた。
yamame,iwananohoukosagasi3736121

yamame,iwananohoukosagasi3736122
ここは魚影も濃かった。
yamame,iwananohoukosagasi3736123
3番目は滝の湯川本流へ。渓相も良く水量も有りカディスやカゲロウのハッチも多かったが、魚の気配は感じられなかった。

静かな蓼科湖畔でお弁当を食べて、
緑の草原で休憩。

yamame,iwananohoukosagasi3736116

yamame,iwananohoukosagasi3736115

yamame,iwananohoukosagasi3736120
お決まりの温泉もとても良く癒やされました。

参加の皆さんお疲れ様でした。




















































































































一日中遊び尽くしでした。

釣りして、昼の休憩に大内宿でお弁当食べて買い物して、又釣りして最後に温泉♨

一見、中小企業の社員旅行に見える一行でした。

でも東北はやはり遠い道程でした。

yamame,iwananohoukosagasi3736104
ここから入渓
yamame,iwananohoukosagasi3736106
ヤマメとイワナの混成
yamame,iwananohoukosagasi3736105
以前来た時は白点が主の東北っぽいイワナだったが、今回は朱点の綺麗なイワナ。
yamame,iwananohoukosagasi3736108
美しい本流。期待していたライズは起きなかった。
yamame,iwananohoukosagasi3736107
大内宿で昼食。買い物も楽しかった。
yamame,iwananohoukosagasi3736102
見晴台から見た大内宿
yamame,iwananohoukosagasi3736103
夕方再び沢へ入る。木化け石化けの裏ワザを使って魚を次々取り込む女子に脱帽。

エンゼルフォレストの日帰り温泉に入って帰路。3食目の私の手作り弁当を高速のSAでみんなで一緒に食べました。



yamame,iwananohoukosagasi3736095
道の駅では燕の遊び道具が増えていた。
 
yamame,iwananohoukosagasi3736097
朝食は公園で 
猪、猿、鹿、熊等の侵入を防ぐために張り巡らせた電気線を外して入れる秘密のドア。
そこから渓流へと辿り着いた釣り部4人の計画は、渓流をゆっくりと釣り上り、最上流に架かる小さな橋に続く杣道から、元の入渓点に戻ると言うものだった。
yamame,iwananohoukosagasi3736090
巨岩累々としたダイナミックな沢を釣り上り、美しい山と水とイワナに心満たされた。
yamame,iwananohoukosagasi3736101

yamame,iwananohoukosagasi3736096

yamame,iwananohoukosagasi3736100

yamame,iwananohoukosagasi3736098

そろそろ橋を求めて釣り上るピッチを上げようと思い始めたその時、信じられない行く手を阻む滝が現れた!
yamame,iwananohoukosagasi3736091
無理して高巻くか横を直登するか、出来る可能性は50%・・・。
元の場所まで渓流を下りて行くのは結構大変。

諦めて山の斜面を登り、当然有るはずである畑に続く道路に出る事にした。
涸れた沢の岩場を上り続けて尚も笹薮を突き進むこと数100m、視界が開けて畑が見えて文明の象徴「ガードレール!」が目を潤ませた。
yamame,iwananohoukosagasi3736093
しかし、道は行き止まりで川に架かる橋も見つからず、国道に辿り着いたとしても道は大きく迂回していて、車を置いてある場所まで歩くのは日が暮れてしまうほど遠い事を私もマキさんも知っていた。メンバー全員疲れと不安で座り込んでしまった。

とりあえず国道に向かってテクテクと歩き続けていると、何やら工場が現れてそこに見えてきた自動販売機に抱きつき脱水状態の改善に務めた。

そして意を決してヒッチハイク。
yamame,iwananohoukosagasi3736092
・・・トラックの荷台に乗って移動するのは初めてと興奮するおじさんと、頑なに最後まで歩き切ろうと意を決していたお兄さん、病人を装ってヒッチハイクを成功させようとたくらんだが、つい元気な事がばれてしまった三文役者のお姉さんのそれぞれの笑顔が楽しい荷台。BGM思えば遠くに来たもんだが似合う珍道中でした。

クルマを駐車していた近くの国道の土手でタラノメがわんさか採れた。

yamame,iwananohoukosagasi3736094
〆はつつじの湯
yamame,iwananohoukosagasi3736099
遅い食事(弁当)は焼肉丼




雨にも負けず楽しんで来ました。
最初に入った沢は泥濁りでパス。もう一つの沢はダム工事で入渓不可。
昨年のこの時期に行った沢でで釣りをしました。魚影、渓相とも○でした。フライ、餌釣り、ルアーと何でも有りでした。
yamame,iwananohoukosagasi3736083
釣り場に行く途中休憩した道の駅にいた燕の夫婦
yamame,iwananohoukosagasi3736079
この日のメインとなった渓流 雨の中水量は多い
yamame,iwananohoukosagasi3736081
緑あでやかなミズ
yamame,iwananohoukosagasi3736082
濡れた岩場にはダイモンジソウとイワタバコが涼しげだ
yamame,iwananohoukosagasi3736086
滝に続く長いトロ場をニンフで探る。 水面直下には中型ヤマメが5尾待機している。足元を大型のイワナが横切って行った。
yamame,iwananohoukosagasi3736084
ニンフで釣れたイワナ
yamame,iwananohoukosagasi3736089
同じくニンフで釣れたヤマメ
yamame,iwananohoukosagasi3736078
餌釣りでイワナを掛ける槇さん エサはブドウ虫
yamame,iwananohoukosagasi3736085
槇さんが釣ったイワナ
yamame,iwananohoukosagasi3736088
同じく槇さんが釣ったヤマメ
yamame,iwananohoukosagasi3736087
ドライでヤマメを釣った遠藤さんはルアーで遊ぶ。

朝3時に東京を出たこの日の釣りは午後3時に終了。毎度の温泉に立ち寄り東京へ帰った。

次回5/16(水)は、過去2年間の釣り場でベスト3の川です。群馬県秘境釣りはまだ続きます。



仲間4人での釣行。
yamame,iwananohoukosagasi3736070
昇仙峡の迫力に胸ときめきました。

yamame,iwananohoukosagasi3736069
当たりは有ったが釣果無し。
yamame,iwananohoukosagasi3736071
諦めるには勿体ない良型のUターンも有りましたが・・・。

食事は昼の蕎麦も夜の天丼も大当たり。
yamame,iwananohoukosagasi3736068
すがはら家 御岳蕎麦 大盛りせいろ
話に夢中になっている私達に女将さんは「打ち立てで美味しいんだからもったいないから早く食べて」と言った。その有り難い言葉が更に蕎麦を美味しく感じさせた。

yamame,iwananohoukosagasi3736067
牧丘花影の湯に併設された白彩の天丼大盛り
移転前から塩山では超有名店。温泉の食堂からも注文できたが、店側で食べて正解。お店の女の子が超美人だったのだ(笑)。
美味しくて大満足だけど完食は苦しくて、翌日の夜まで腹が減らなかった。

メインの釣り場は6月からの源流。1時間歩いて限られたルートで入る釣り場が魅力的です。
yamame,iwananohoukosagasi373587
吾妻川水系

yamame,iwananohoukosagasi37307
片品川支流

yamame,iwananohoukosagasi37329
忍野

yamame,iwananohoukosagasi373579
千曲川




yamame,iwananohoukosagasi37344
水上道の駅水紀行館に到着。
yamame,iwananohoukosagasi37345
すぐ目の前の利根川諏訪峡で釣りをする。
yamame,iwananohoukosagasi37346
ライズは無かったが広々とした流れは気持ちがいい。
yamame,iwananohoukosagasi37347
次は利根川本流とは真逆の小沢へ。入渓路が見つけにくくて秘渓の可能性を感じた。
yamame,iwananohoukosagasi37348
だが魚影は薄かった。
yamame,iwananohoukosagasi37349
上流に入った槇さんに小イワナが1尾来ただけに終わった。
yamame,iwananohoukosagasi37352
湯檜曽川の支流に移動。
yamame,iwananohoukosagasi37351
上流に進んだ槇さんと遠藤さんが小イワナを数上げた。
yamame,iwananohoukosagasi37353
付近の人気店で焼きカレーを食べた。
yamame,iwananohoukosagasi37350
玉子とチーズとカレーのコラボが素晴らしく、熱い器に焼かれて香ばしい。悔しいけれどうちの店の石焼カレービビンバよりも美味しい。

〆の温泉に行く前に目の前を流れる谷川で釣りをした。


yamame,iwananohoukosagasi37343
湯テルメ谷川 は日帰り温泉の走りであり、老舗である。
温泉の主人は6月頃ならよく釣れると言っていた。
高速インターからとても近いこの付近の釣り場は、6月が過ぎると釣りつくされてしまうと言う結論に至った。やっぱり歩かないと。


楽しい釣りでした。3人のフットワークもばっちり。
yamame,iwananohoukosagasi37336

yamame,iwananohoukosagasi37340

yamame,iwananohoukosagasi37338

yamame,iwananohoukosagasi37341
好ポイントを前に。いい写真ですね~。
yamame,iwananohoukosagasi37337
前回の忍野もそうでしたが、リアルウィングを付けたカディスに対する反応が異常に良い事に気が付きました。これってスレた魚に特別良いのかも。
yamame,iwananohoukosagasi37339
色んな沢も確認できて、この近くの渓流もようやく把握しつつあります。

つつじの湯の岩盤浴も楽しみました。

次回13日は、水上の沢と利根川本流で釣りします。

FlyFshing+について

「FlyFishing Plus」は2001年にOPENしたフライフィッシング情報サイトです。

トクさんが見つけた穴場の渓流釣りスポットや、周辺の観光地を紹介。また、ネット通販で購入したフライフィッシング用品のレビューも掲載しています

著者のトクさんについて

フライフィッシングとアウトドア、ボクシングが趣味な十条にある焼肉店の店長。

十条焼肉いつものところの店長の写真
某高校ボクシング部の監督として活動後、親が経営していた「焼肉 金剛山」を継ぐ。2002年に十条に「焼肉ピュアティ」を開店。2011年に移転し十条で「焼肉いつものところ」の店長として現在活動中。また、自身が立ち上げたチームトクボクシング教室でコーチとして指導を行っており、月に数回練習会も実施している。
そして中学の時から渓流釣りを行っており関東付近の様々な釣り場に足を運んでいる。熊の出没する山中に赴いたり、ポイントを探す為にロッククライミングをしてしまうなど、アグレッシブな方です。

いつものところFF倶楽部について

渓流釣りとフライフィッシングを楽しむ事を目的に、2000年に発足されたトクさん主催のサークルです。関東にある様々な川に赴き、渓流釣りと周辺にある宿や食事、温泉を楽しんでいます。

いつものところFF倶楽部
活動は不定期となっていますが、中学にフライフィッシングをはじめてキャリアの長いトクさんと共に釣りができると言う事で、様々な方が集まります。
現在メンバー募集中なので、皆様是非!

いつものところ倶楽部について

トクさんは頻繁に仲間をつれて、渓流釣りやアウトドア、山菜、きのこ狩り、バーベキュー、磯遊びに行っています。他にもボクシングの練習会や、十条で飲み歩き等幅広く行っているので、そういった活動をサークル化しました。それが、「いつものところ倶楽部」です。

いつものところ倶楽部の写真
年に一度、お店を貸切にして忘年会も行います。現在メンバー募集中なので、興味のある方は「焼肉いつものところ」へ是非顔を出してみてください。

北区十条の焼肉店「焼肉いつものところ」について

十条にある焼肉いつものところの写真
日テレ「ヒルナンデス」や「ABChanZoo」「火曜サプライズ」にも出演した、トクさんが経営している焼肉とお酒が楽しめるお店。十条で10年目。佐賀県伊万里牛を扱う、焼肉と韓国家庭料理のお店。