トップ > フライフィッシング特集 > 関東周辺の渓流釣り場 穴場スポット紹介

フライフィッシング特集の
関東周辺の渓流釣り場 穴場スポット紹介

 

鹿浜インターから東北自動車道を経て日光へ。東照宮でのんびり過ごしていろは坂から中禅寺湖を越して龍頭の滝を見た後、戦場ヶ原、湯滝と景色を楽しんだ。
大谷川の神橋や戦場ヶ原の湯川を見て釣欲も沸いたが、家族旅行優先なので尾瀬に下りるまでは我慢、我慢。
菅沼、丸沼を通り過ぎてトウモロコシ街道で美味しい野菜とトウモロコシを食べた。宿に着いて落ち着いた後、部屋の縁側からすぐに下りて川へ出た。思っていた以上に流れが速くて水も透きとおっている。下流域の水量の少ないヤマメ釣り場と本で読んだ事が有るが、結果は29㎝を頭に22㎝~24㎝のイワナ5尾、19㎝以下のイワナ5尾とヤマメ1尾とまずまず。

今回はマドラーミノータイプのカディスが良く、気が付いたら掛かっていたと言う釣りが多かった。きっと水面を流れているフライをじっと見ているイワナが、水流にもまれてフライが沈んだ時に今だとばかりくわえに来ているといると想像できる。明るい渓流なのに偏光グラスをかけなかったのも失敗で、万全で釣りをすればもっと釣果が上がるかも知れない。

魚影が全く見えない明るくて広い気持ちの良い流れから、突如キラキラと水中を輝きながら釣れて来る神秘的で宝石の様なイワナに胸ときめく時を過ごす事が出来て満足でした。

P8200425
宿のすぐ下流で釣れた29㎝(ピンボケ)

P8210431
流速が有るので引きも強かった

P8200416
翌朝は朝飯前の釣りを上流で。大物をバラしてしまった。

P8200419
居着きの綺麗なイワナ

昨年一番良い釣りをした片品川源流部へは行けませんでしたが、宿の縁側から下りて釣れる思わぬ穴場発見となりました。
来年ここに通えば、更に良いポイントと大物に巡り合えそうです。

P8190415

新鮮野菜を中心とした盛り沢山の宿の食事も良かったし、道の駅白沢の「望郷の湯」にまた来れて良かったです。

itumonotokoro15871

ブログネタ
釣りの話題全般 に参加中!
名称未設定-1

どうも。副管理人で~す。

今回の【渓流釣り穴場スポット紹介】は・・・
歴史に挑戦します!

と言う事で、「トクさん」が大学生だった頃の思い出を語った記事をご紹介。

今から40年前の話なので、貴重かもしれません。

八ヶ岳の西川です。
ではどうぞ。

---------------------

小学校4年で渓流釣りを始めて、ようやくヤマメが釣れたのは中学1年の夏、場所は丹波川だった。
 
それからは同級生達と近県の釣り場へ良く出掛けた。
一番足繁く通ったのは高麗川支流の北川奥多摩の秋川だった。
 
良い釣りが出来たのは鶴川、桂川、浦山川、川浦谷、大血川、日原川、丹波川、狩野川の本谷川、河津川、中川川と言ったところか。

大学4年になって、ゴ-ルデンウイ-クに一人で上高地と木曾路に3泊4日の釣り旅に出た。
 
今は禁漁になってしまった味噌川や木曾福島の黒川、殿の小川 等で好漁した。
 
これに気を良くした私は、5月の24,25日を利用して、渓流の魅力に取り付かれながらも、今まであまり良い釣りに恵まれなかった呉を誘って、一番釣れると判断した木曾の味噌川八ヶ岳の西川へ向かった。
 
味噌川では予想道理26㎝のヤマメとイワナが釣れた。
呉は型は見たものの、満足出来る釣りとは言えない。
そしてその足で西川へと向かった・・・
 
jpeg

こちらも2006年度の記事ですが、昔の静岡県富士宮の芝川様子をレポートいたします。
参考程度に見ていただければと思います。

前年の秋に芝川に来た時、水は清く、ヤマメも濃く、久々の好釣り場を見つけたと喜んだ。

しかも、音止ノ滝下流の本流で、徳一号が40㎝級の大ヤマメのライズを、2ヶ所で見てしまい、今回も胸ときめかせてやって来た。

jpeg

名物企画の【渓流釣り穴場スポット紹介】です。

今回は新潟県・魚野川水系の大源太川です。
昔は名スポットと呼ばれ有名でしたね。

2006年3月10日に執筆した記事で、実際に行ったのは大昔の話なので参考程度に読んでいただければと思います。

私のよき思い出大源太川

大物が狙える有名釣り場は多いが、川が大きすぎて宝くじを当てるような気がしてならなかったり、川が汚れていたり、釣り人のプレッシャ-が多すぎて魚が賢すぎたり、ゴルジュの続く危険地帯だったりで、なかなか思うようにいかない。

そんな中ではっきり分かることは、一番条件の良い時にそこそこの熟知した渓に入れる釣り人が、一番大物を釣っていると言うことだ。 もちろん腕も良くなければならないが・・・。
 
だから地元の釣り師や釣り歩きを本業や副業に持つ人達にはかなわない。

それでも大物が釣りたいと言う人には(私も含めてだが)、この大源太川がおすすめである。 次回紹介する予定だが、大源太湖駐車場広場横で以前流しそうめんを中心とした食堂と、ニジマスの釣り堀を営業していた地元のおじいさんに聞いた際、第2ダムと第3ダムの間が一番魚が多くて大物も多いと教えてくれた。
その証拠に、湖畔の大源太山荘食堂の壁に貼ってある多数の大物魚拓に記された”釣れた場所”は8割方第3ダムのエンテイ下である。
 
di
大源太湖(第1ダム)流れ込み付近の流れ
ちなみに写っているのは今回HPを作った息子です(笑)

 

 
jpeg
現在、旧サイトから200~300ある記事を移行中です。 この記事は「2004年3月15日」のものです。参考程度に見ていただければと思います。

今日も書きます!【渓流釣り穴場スポット紹介】

 今回2月中旬~3月初旬にかけて楽しめる
標高1200メートルの千曲川佐久」をご紹介。

ちなみに千曲川を下ると信濃川と名称が変わります。
信濃川が153キロメートルなのに対し、千曲川は214キロメートルと長いです。

ここも有名な釣り場の一つですね。

ライズ狙いのフライマン達の集まる川

2月16日から早くも解禁となる長野県千曲川には、ライズ狙いのフライマン達がどっと押し寄せる。
 
殆どは信濃川上付近。午前10時頃から午後2時頃までの間に起きるはずのライズを期待して、じっと待つフライマンの姿を至る所で見かける。

bbbb

今年2013年の渓流釣り解禁まで目前にせまっている。
と言う事で私の行きたい川を紹介していく。

行きたいけれど遠くて行けない川、今年は行けないけれど来期は行きたい川

以前は日帰りで東北新幹線に乗って岩手県の花巻まで釣りに行った事も有るが、今はその元気は無い。
栃木県那須の那珂川源流は環境、魚影共申し分ないのでぜひまた行きたい。

越後湯沢を中心に塩沢、六日町とよく通ったが、近年足が遠のいてしまった。
大物がひしめいていた大源太川のダム上流や登川は復活しているだろうか。



千曲川の源流西沢、東沢。
その下流の居倉付近も久しぶりにのんびり釣ってみたい。

大石川の深い渓谷の中で自然に同化しながら野生のパワーを養いたい。

o1


今年20013年の渓流解禁まであとわずか。

今年絶対に行くと決めている川、毎年定番となっている川、行きたいけれど遠くて行けない川等あるが、昔のようなむちゃな冒険はやたら出来ないので、慎重にピックアップするつもりだ。

絶対に行くと決めている川

まず3月、4月は山梨県都留の桂川と上流忍野の桂川。
清流復活で大ヤマメが狙えるし、スレたトラウト達と遊べる。




5月は、ホームグランドの山梨県清里大門川。
これ程放流が行き届いて安定しているイワナ釣り場も珍しいと思う。

02




今年は季節、条件に合った最高の釣り場を選択して、
過去最良の2013年にしようと思います。

オフシーズンは「としまえんフィッシングエリア」に通ってフライフィッシングの腕を磨き、楽しく過ごしました。水面直下のユスリカの釣りやアイスバグと言うニンフフライでの爆釣経験を生かして自然渓流で試してみたいとウズウズしてます。

いよいよ本番です!
jpeg

渓流釣り穴場スポットのコーナーです。

今回は2005年6月21日に行った 大門川と川俣川です。

写真がまったくありませんがご清聴を。

----------------- 

大門川千ヶ滝下流で21センチ2尾、川俣川桐朋学園寮下流で25センチと23センチと20センチ。

良型がドッタンバッタンと暴れて釣れたって感じ。
 
jpeg
現在、旧サイトから200~300ある記事を移行中です。この記事は「2005年4月5日」の記事です。参考程度に見ていただければと思います。

ついに、FlyFishing+の名物企画第2弾 【渓流釣り穴場スポット紹介】スタートです。

「秘密の釣場探検記」は名前を伏せた名所を紹介していましたが、
この【渓流釣り穴場スポット紹介】では、
私のおすすめする渓流スポットの記事を紹介していきます。

結構雑誌で取り上げられてる地域なのでメジャーではありますが。

今回は芝川です。

ちょうど季節としては3月中旬~4月上旬に行くのがベストでしょう。

釣り人が集まる井の頭小学校裏手

ここでは辛口コメントをかかせてもらう。

芝川の最上流部はまだ探っていない。
 
釣り人は井の頭小学校裏手にある大きなプ-ルに集まるようだ。
その下流を眺めるとチョ-クストリ-ムになっていて、なるほど人気の釣り場と言う訳が分かる気がする。
 
だが私達はあまりにもゴミが多いのに幻滅して、とうとうロッドを振ることなく場所を移動した。
ゴミが落ちて川が汚れていても釣り人が平気に集まってくれば川は綺麗にならない。
 
誰も来なくなれば村の収入も減り、再び観光客や釣り人を呼び戻そうとして地元の人が動き出す。
そう言ったことを期待しての微々たる反発である。 釣り人がゴミを捨てなければ一番良いのだが・・・。

下流の名観光地「白糸ノ滝」「音止ノ滝」

下流の名観光地「白糸ノ滝」は芝川本流のある「音止ノ滝」とは違う富士山の地下水で形成された分流で、白糸ノ滝を経て本流に合流している。
 
こちらは禁漁区である。川には観賞用に放流されたニジマスが沢山泳いでいる。

s2
音止ノ滝


ブログネタ
釣りの話題全般 に参加中!
jpeg

今回の穴場スポット紹介は、

2004年5月11日に行ってきた
清里の大門川と川俣川です。

========================== 


午前中に大門川平沢橋下流で釣りをして、変人Jさんが快調に釣りまくった。

大きいドライフライの下に小さなウエットフライを結んで流すなど変幻自在。

でも、この時期のの大門にしてはイマイチだった。


4n101
変人Jさんが釣ったイワナ

4n102
変人Jさんが釣ったアマゴ

 
jpeg

久しぶりの【渓流釣り穴場スポット紹介】です。

2003年当時メジャーだったところですけど。

今回は2003年9月9日に行ってきた清里の大門川のお話です。

----------------- 

今年は熊の出没ニュースが多かった年で、清里でも喫茶モスバック近くの別荘が並んだ裏手で、熊の出没情報が有ったそうだ。

私たちが本日午後に入渓した大門川学校寮上流入り口にも「熊出没注意」の立て札があった。

笛を吹いたり鈴を鳴らしながら釣り場へと向かった。

 202

名勝千ヶ滝 滝壺をはじめその下流部は全て好ポイント
 
jpeg
皆さん
穴場の渓流釣りスポットと言えば
どこだと思いますか? 

渓流釣り暦の長い方からしたらたいした事無いのかもしれませんが・・・

私のオススメは八ヶ岳の大門川、川俣川です。

ちょうど、さっきブログを確認したら、2003年の4月15日に友達と大門川&川俣川に言った日記を見つけましたのでご紹介させていただきます。 

as013


---------------------------------
登場人物:「トク(私)」、「変人J」、「玄ちゃん」


ブログネタ
フライフィッシング に参加中!
jpeg

今日紹介するのは、2002年度に執筆された板小屋沢のお話です。
ではどうぞ。
------------ 

 羽鳥湖の湖畔にあるキャンプ場から、サイクリング専用ロードを上流に向かってしばらく歩くと、眼下に迫力のある素晴らしい渓流が見えてくる。本流筋の板小屋沢だ。

流れは広く深く豪快で足場も悪いが、湖育ちの大物が期待できる。

変人Jと二人でここを狙って訪れた時はおりしも大雨で釣りにならなかった。

雨が止んだかと思えば今度は蚊の猛襲に合い顔、首、腕と、ところ構わずボコボコにされてしまった。

板小屋沢の豪快な流れもさほど距離はなく、川幅のあるチャラ瀬がしばらく続くようになる。

やがてレクリエーション施設レジーナの森に近づくと、流れはふたたび復活する。

ボサが少々気になるが、瀬あり淵ありで申し分のない渓相である。

niji
 
ブログネタ
フライフィッシング に参加中!
jpeg

本日は2002年度に執筆された記事からご紹介。
上高地の大白川のお話。

話としては30年前のお話です。
-----
 
上高地の奈川ダム方面へ向かう途中、見落とされそうな林道が左から入ってくる。
 
二十数年も前の記憶で恐縮だが、この大白川林道は、今にも落石が起きそうな荒々しい道で、怖々と車で走った思い出がある。
 
車止めで熊よけのため、散々クラクションを鳴らしてから上流へと歩き始めた。
30分位歩いたと思う。 

flay
 
ブログネタ
渓流釣り に参加中!
jpeg

今回は2000年5月に行った水無川のお話。

水無川は今までの釣り歴の中で、一番爆釣した川である。
只、この川に関してはエキスパ-トの先生から”秘密の情報”を聞いていたので、あるていどそうなる予感は有った。
今日私がこうして公表するのは、数年前この地域を襲った台風により状況が一変しているとの情報を聞いてのことである。
以前のような宝庫に早く回復することを願ってやまない。

本当に釣れる川と言うのは、あまり誌上に載らない。
載ったとしても全く逆のことが書いてあったりする。

それはこの川がエンテイの落ち込みをのぞいては、見渡す限り平瀬と言うことでごまかせたからである。
まずこの川を見る限り、エサ釣りの人は竿を出す気にはならない。
 
jpeg

2000年の5月に行ってきた鶴沼川の話を書かせていただく。

 鶴沼川へ行ったのは本流よりも数多い支流に魅力を感じたからである。
メジャ-である二俣川や河内川よりも城入沢、寺沢、藤沢、赤石沢(更目木川)の方が釣りの雑誌にもあまり紹介されず、きっと穴場だと思った。

鶴沼川本流も前回紹介した通り素晴らしいが、数年前にこの地域を襲った台風の影響は否定できない。

近くの阿武隈川、余笹川、水無川ほどの被害では無いと思うが・・・。

上記4つの沢の中でもっとも穴場的なのは、寺沢である。

下流が伏流気味でおまけに山裾を大きくカ-ブして流れているので見つけにくいし、本流の下流方向に向かって沢が上っていくと言う不思議な沢である。
太ったイワナが釣れると聞くが、私が入った時は当たりは無かった。

いつ行っても安定して釣れるのは藤沢で、上流よりも中、下流の方が良いと思う。

上流部から戻ってきて釣れなかったとこぼす人を何人か見ている。

尺物がいると地元の人は言うが、見たことはない。

 t1
ブログネタ
渓流を探る に参加中!
jpeg

この話は昔の話だ。
たしか2000年ぐらいの事だったはずだ。

 私は南会津・田島の水無し川へと足を運んでいた。
 季節は4月中旬の春。

午後2時頃、国道よりやや上流の浅瀬で、20cm級のヤマメのライズに出会った。 

バシャッ!と全身を露わにした派手なライズで、すかさずキャストすると、フライの前後左右で一斉にバシャッ!バシャッ!とライズが起こった。
 
どれを釣って良いのかオロオロしながらも気を取り戻してフライを流すと、スーパーライズの割には爆釣とは行かず、ポツポツと釣れた。 

raisu2 raisu2 raisu2

しかし・・・・
水面にはこれと言った虫は見当たらなかった・・・

FlyFshing+について

「FlyFishing Plus」は2001年にOPENしたフライフィッシング情報サイトです。

トクさんが見つけた穴場の渓流釣りスポットや、周辺の観光地を紹介。また、ネット通販で購入したフライフィッシング用品のレビューも掲載しています

著者のトクさんについて

フライフィッシングとアウトドア、ボクシングが趣味な十条にある焼肉店の店長。

十条焼肉いつものところの店長の写真
某高校ボクシング部の監督として活動後、親が経営していた「焼肉 金剛山」を継ぐ。2002年に十条に「焼肉ピュアティ」を開店。2011年に移転し十条で「焼肉いつものところ」の店長として現在活動中。また、自身が立ち上げたチームトクボクシング教室でコーチとして指導を行っており、月に数回練習会も実施している。
そして中学の時から渓流釣りを行っており関東付近の様々な釣り場に足を運んでいる。熊の出没する山中に赴いたり、ポイントを探す為にロッククライミングをしてしまうなど、アグレッシブな方です。

いつものところFF倶楽部について

渓流釣りとフライフィッシングを楽しむ事を目的に、2000年に発足されたトクさん主催のサークルです。関東にある様々な川に赴き、渓流釣りと周辺にある宿や食事、温泉を楽しんでいます。

いつものところFF倶楽部
活動は不定期となっていますが、中学にフライフィッシングをはじめてキャリアの長いトクさんと共に釣りができると言う事で、様々な方が集まります。
現在メンバー募集中なので、皆様是非!

いつものところ倶楽部について

トクさんは頻繁に仲間をつれて、渓流釣りやアウトドア、山菜、きのこ狩り、バーベキュー、磯遊びに行っています。他にもボクシングの練習会や、十条で飲み歩き等幅広く行っているので、そういった活動をサークル化しました。それが、「いつものところ倶楽部」です。

いつものところ倶楽部の写真
年に一度、お店を貸切にして忘年会も行います。現在メンバー募集中なので、興味のある方は「焼肉いつものところ」へ是非顔を出してみてください。

北区十条の焼肉店「焼肉いつものところ」について

十条にある焼肉いつものところの写真
日テレ「ヒルナンデス」や「ABChanZoo」「火曜サプライズ」にも出演した、トクさんが経営している焼肉とお酒が楽しめるお店。十条で10年目。佐賀県伊万里牛を扱う、焼肉と韓国家庭料理のお店。