FlyFishing[+]

フライフィッシング道具・仕掛け紹介

コメント0件

PXL_20221107_075118275~2
【Ritz fly rod】10ft  3wt


今年1年間フライフィッシングと共にテンカラを楽しんで来たが、自分なりに思う事が有った。

●問題点
・テンカラは取り込みの時に竿の長さのラインとそれに繋がる1.5mのティペットの長さで、ランディングに一手間かかる。
・テンカラはボサの下等には瞬時にラインを短くして送り込む事が出来ない。
・テンカラは大物がフッキングして一気に走った時に、ラインの長さが決まっているので耐えられない事が有る。

●利点
・フライフィッシングの線の釣りよりもラインを水面に落とさないテンカラの点の釣りの方が、魚に警戒心を与えない。勿論フライロッドでも点の釣りは可能で必要でもあるが、遠くのポイントでの点の釣りは不可能。
・水面に浮かべるドライフライから水面直下、水中と簡単にステージを変える事が出来る。
・糸フケによる小さなアタリやフライにリズミカルな動きをさせる事で手返しも良く取れるアタリが多い。

●結局
テンカラの問題点をカバーする為とユーロニンフが流行っていることもあり、今回10フィートで柔らかい#3のフライロッドを購入した。
これで大物に走られても長いラインで耐えられるだろうし、ボサの下でもラインを短く迄巻いて対応出来る。
只、斜め先の遠いポイントに毛鉤を振り込んでもラインの重さで手前に戻って来ないような、あくまでもテンカラ釣りに近い軽いレベルラインか0.65mmのランニングラインを使ってこの禁漁期間中に朝霞ガーデンで試してみるつもりだ。




 

FlyFishing[+]

キャンプ

コメント0件

渓流釣りで宿泊する場合、私はキャンプ場やコテージ、旅館、ペンション、民宿、休暇村、自然の家等を利用して来た。
その中でお勧め出来る所を紹介する。

●キャンプ場

キャンプ場は一番安価で泊まれるし、食事も自分の都合に合わせた時間に準備する事が出来るので便利だが、テントやタープを張ったり食事の支度や片付けに時間が掛かり、肝心な釣りがおろそかになり歯がゆい思いをする事がある。
それと寝心地の良し悪しで体調にも影響するので、余程キャンプ場脇に魅力的な渓流が無い限りキャンプ場は選ばない事にしている。
テントよりもバンガローやコテージに泊まった方が、雨天や寒さ、騒音等のマイナス面をカバー出来る。


●谷川岳温泉湯吹の湯オートキャンプ場
入場料1人1.000円
サイト料6人まで全部で2.000円


キャンプ場の場所が良い。土合駅からも近いし、湯檜曾川の核心部が眼の前。キャンプ場内に日帰り温泉施設も有るし谷川岳ドライブインで食事も出来る。最源流釣行の基地にもなる。


チェックインのお手続きは谷川岳ドライブイン内となります。

現地では行っておりませんのでいったんお立ち寄りお願い申し上げます。

谷川岳温泉湯吹きの湯オートキャンプ場
TEL 0278-72-5222(AM10:00~PM15:00)



暮坂高原オートキャンプ場
群馬県吾妻郡中之条町入山4049-67
入場料500円  サイト料3.500円
◆連絡先(予約)
携帯電話 070-4461-3649

IMG_20210602_030942

吾妻川水系白砂川の支流を探釣するのに絶好のフィールド。

キャンプ場内にはヤマメ、イワナが釣れる駒ヶ沢が流れ、クルマで数分の所に八石沢、峠を超えれば四万川支流の沢渡川、六合村に下りれば水戸沢川や沢山の支流が有る。
何と言ってもキャンプ場の御主人夫婦の人柄がとても良い。遊漁券はこのキャンプ場で買おう。
六合村の【喜久豆腐店】、【蕎麦野のや】さんの御主人が釣り場に詳しいので、お店を利用がてら聞いてみると良い。【道の駅六合】には温泉も有る。

​尾瀬金井沢オートキャンプ場
群馬県利根郡片品村大字土出1123-4
TEL:03-3354-5011
入場料500円  
スタンダードカーサイト3.500円
但し、夏休みは毎日営業しているがそれ以外は土、日、祭日だけの営業。

このキャンプ場の位置が片品川源流域の名渓から近く、笠科川、根羽沢、中俣沢、一ノ瀬川、車沢、小川等どこもクルマで10分程で行ける。後は体力勝負。キャンプ場の方が時間も自由に使えて都合が良い。戸倉に日帰り温泉も有り便利。

尾瀬ぷらり館
日帰り温泉「戸倉の湯」
  • 料金: 入浴料 大人500円、小学生200円
  • 時間: 10~18時(冬期は12~19時)
  • 休み: 【夏期】第2・第4火曜日(4/29~10月末)
    【冬期】毎週火・水曜日 (12/21~4月末)


自然の森野営場
利根川上流木ノ根沢源流にある無料キャンプ

PXL_20220713_033618566
〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原
キャンプ場
山奥のキャンプ場なのにトイレが水洗で非常にキレ
イ。利用は無料、事前の予約も不要。
飲料水は持ち込み必須。
PXL_20220713_033633914
歩かずに直ぐに釣りが出来て、魚影は濃いが
スレていて自然の資質の高い釣り場の代表格
としてこの木ノ根沢、湯桧曽川、利根川本流
があげられる。須田貝ダム、藤原湖に入る支
流と絡めて楽しむと良い。

上牧温泉 風和の湯
TEL.0278-72-1526
群馬県利根郡みなかみ町上牧1996-7
営業時間:12:00~20:00
定休日:水曜

諏訪の湯
0278-72-2056  300円
営業時間 9:00〜20:30
定休日  木、金曜日
駐車場  20台

●  2  自然休暇村、自然の家他
★町田市自然休暇村0120-55-2838
img05
梓川沿い。残念ながら休暇村付近は魚影が少ない。
千曲川、金峰山川が近い。

きのこ狩りツアー(10月上旬)
山菜採りツアー有り(5月中旬)
キャビン  2名以上  1人2.350円  
ペット  1.040円
千曲川源流域の梓川沿いに有る。テント泊よりも
ここはキャビンが設備が素晴らしい。ペット可能な
キャビンも有る。


★調布市八ヶ岳少年自然の家
山梨県北杜市高根町清里3545-1
TEL:0551-48-2014
FAX:0551-48-4358


003

利用料金(調布市外の方)
区分調布市外の方     ご利用料金
1泊使用高校生以上1800円
小・中学生600円
幼児(寝具利用あり)600円
幼児(寝具利用なし)0円
食事料金朝食

630円

夕食1460円
食事料金
お子様用(小学校2年生まで)
朝食550円
夕食880円
大人用お子様共通食事料金昼食

730円

 素晴らしいの一言。夕食もかなり充実している。


 

 

FlyFishing[+]

禁漁期間に下見を兼ねたトレッキング

コメント0件

清滝ICから湯ノ湖に向かう途中、大谷川を覗いた後いろは坂を登り中禅寺湖を経て湯滝駐車場へ。

MP
大谷川横

MP
湯滝を見学

戦場ヶ原の遊歩道を下りながら湯川を覗く
PXL_20221019_030200262

PXL_20221019_034829477

PXL_20221019_034847261
ブルックトラウトは至る所で確認できた

PXL_20221019_045255403
竜頭の滝上

PXL_20221019_050346579
竜頭の滝下

https://youtu.be/CgaqHPaEhGM
 

FlyFishing[+]

新着日記

コメント0件

来年の話をすると鬼が笑うと言うが、今年14回渓流で釣りをして興奮冷めやらず、禁漁期間に入ったばかりなのにもう来年の釣行が楽しみです。
それは青春時代に大好きな彼女と1日デートをして、帰って来たばかりなのに又直ぐに逢いたくなるのと似た感情です。

line_682045183291190
今年は利根漁協の年券を買って10回通い、八ヶ岳や信濃川上方面に4回通いましたが、長年行き慣れた八ヶ岳、信濃川上方面の方が釣果が良かったです。

だけど利根漁協片品川方面は別格で、沢山歩けばそれなりの魚影の濃さを実感出来る釣り場揃いでした。

MP
水上の利根川本支流は自然の資質の高さは信濃川上方面千曲川を凌ぐものが有りますが、私自身がこの水系の釣りに慣れていないところが有り、まだ時間がかかりそうです。

来年は何処の年券を買うか考え中。

その川に適した時期を見誤って失敗も有りました。
春先は山梨県桂川本流、4月は群馬県赤谷川本流、5月は八ヶ岳と天竜奥三河、アブの多い会津の川も5月中に行ってしまいたい。6月は片品川支流と利根川水系。

line_362446092550571
キャッチ・アンド・リリースの忍野はモンカゲロウの飛ぶ6月下旬~7月上旬、信濃追分の湯川も6月。

南アルプスは7月。後は群馬県吾妻川水系。

PXL_20220928_035110782
ラストは八ヶ岳に戻り師匠の所で締めくくりたい。

 

FlyFishing[+]

フライフィッシングレポート

コメント0件

禁漁間際!

PXL_20220928_000440420
先週きのこ狩りしたフィールドを目指す

今日はキノコもイワナも沢山でした。
PXL_20220928_014755839
ヤナギタケは黄色いから見つけやすいですね。先週取った柳の木には生えてませんでした。

PXL_20220928_013637160

季節中同じ木に何度でも出来ると思っていたら、花と一緒で年に1度だけだと師匠に笑われました。
運良く前回は生えて無かった木が今度は生えていました。

イワナは15尾釣れました。
釣り始めて暫くは何の反応も有りませんでした。

PXL_20220928_035044811
最後のエンテイ辺りから突然釣れ始めた

泣き尺(29cm)を頭に22cm〜25cm4尾、後は殆ど18cm位。
PXL_20220928_035030431
泣き尺

MP
25cm

MP
MP
PXL_20220928_055655490
MP

魚はポイント毎に入っていたが、最初の1投目に出ることが多く、それを見逃してしまったり仕損じると後は出ないケースが多かった。

バシャッとドライに出ることはあまり無く、スーッと追いかけてきてモコッとくわえるパターンが続いた。

通常フライを水面にプレゼントしてから私は数字を数える。1.2.3…。3を数えるまでに出るケースが多いのだが、ここでは気を抜いた8で出るケースが多かったので合わせ遅れてバラす失態が続いた。イワナも用心深く様子を見てから出て来たのであろう。
キーホルダーサイズもいましたが殆ど水面でオートリリース。普通サイズのバラしもかなり有りました。

PXL_20220928_051959697
エンテイ上は何処までも続く自然渓流。
PXL_20220928_002948061
河原の苔も美しい

帰路が心配になり釣り終えたが、その辺りから上流3km〜4kmが人が入りづらいベストフィールドだと思う。

水上や片品方面に比べて魚は決して多くは無いし型も落ちるが、釣り人が少なくスレていない分安心して釣りに没頭できる。

一つ問題は高速道路の料金が高く、板橋本町で首都高1.900円、中央高速1.000円プラス2.950円で、片道6.000円近くになり完全に私の日帰りの交通費のキャパを超えてしまう。しんどくても調布インターまで下道で行くかETCの深夜割引を利用するか、友人と割り勘で来るしか無い。

今日釣れたイワナ達に又来年会いに来よう。

禁漁間際に楽しませてもらいました。

 

FlyFishing[+]

フライフィッシングレポート

コメント0件

水曜日に清里の師匠のところへ釣りに行って来ました。

今年は水上、片品方面に10回釣りに行ったので、知らず知らずのうちに中央高速に向かうはずが関越道入口の谷原付近に行ってしまい、慌ててナビを調布インターに合わせて1時間以上時間をロスしてしまった。
 6時に家を出て清里の釣り場に着いたのは10時を過ぎていた。

MP
長雨の影響で水量は多い。

MP

MP
#14カディスを流すと小型のイワナが続けて2尾釣れた。

川に立ち込んで対岸のポイントを狙っていた時、不意にバランスをくずし滑って背中から転んだ。ズボンの左ポケットに携帯電話が入っていたので焦って起き上がろうとするが、思ったように体を起こせない。
やっと起き上がった時には上半身までビショビショで、携帯が心配だ。めったに起きないだろうと慢心しているとこう言う目に遭う。
財布をジッパーに入れてはいたがジッパーをしっかりと締めていなかったのでお札も濡れてしまった。携帯は最初は大丈夫そうだったが、段々液晶が紺色に染まり始め終いに機能しなくなった。最初から胸ポケットに入れておくべきだった。

気を取り直して釣りを続けた。
するとこの川独特の引ったくるようなアタリが有り、一気に水底迄持って行かれた。なかなかの引きで25cmのいかつい顔をした黒っぽいイワナが釣れた。携帯水没で写真が写せないのが悔しい。
水上方面に比べると魚がスレていない。
その後小さなアタリがいくつかあった後、良型の確かなアタリで引きを楽しんだが、寸前でバレてしまった。

師匠の店に行く約束の時間が迫ったので、釣りをやめて向かった。
カレーライスとコーヒーを頂いて釣りの続きに向かおうとしたら、師匠がキノコ狩りに一緒に行こうと誘ってくれた。一緒に遊びに行く機会もあまり無いので誘いに飛び付いた。

場所は釣りの穴場でも有る魅力的な秘密のフィールド。
カラスが騒いでいるので何かが死んでいるはずだと言う事で恐る恐る覗くと、目の前から大きな鳶が飛び立った。その場所には頭部と手足以外は食べられてあばら骨だけになった鹿の死骸が有りました。
後日師匠から写真を送って貰いましたが、余りにもグロ過ぎてとてもアップ出来ません。山の中で動けなくなるとこうなってしまうと思うと気が引き締まります。

一人では心細くなるような山奥。8歳も年上の師匠の手足となり駆け回り、最高に美味しいキノコをたんまりと取り
一番良い場所でキノコ狩りを極めることが出来ました。

師匠の店に戻りキノコを少しだけ貰い、残り1時間暗くなるまで釣りをした。昼にバラした良型は出て来なかったし最後まで何のアタリも無かった。釣りは難しい。

1663995838018

1663995838276
翌日キノコのバターソテー、味噌汁で美味しく頂いた。



 

FlyFishing[+]

フライフィッシングレポート

コメント0件

今日も10km歩きました。
久々の晴れの水曜日。
後で分かった事だけど、3人一組の釣り人が二組も先行済みだった。
フライを見切る奴らが多かったわけだ!

朝、最初に入渓点に向かう途中に川から道に上がって来た3人の釣り人も、夕方帰り支度をしていた3人の釣り人も、私が「釣れました?」と聞くと一番年配のリーダーが「全然駄目だね。」と言葉を濁す。そりゃあメチャメチャ釣れたとしてもそう答えますよね?

5月に残雪の渓流で貧果だった時は先行者が下りて来て、悪いと思ったのか釣り歩いた場所を丁寧に説明してくれてドライで13尾釣れた事まで教えてくれた。

6月に入渓点で突如釣り終えて来た釣り人とバッタリ合った時は、私がニコニコ笑いながら「釣れました?」と聞いたらニヤリと笑って手のひらを見せた。5本釣ったと。

でもやはり定番は「全然駄目だね。」が釣り人には相応しい。

MP
昔お世話になった山小屋は7月にはまだ有ったのに、今は跡形もなく更地になっていた。

PXL_20220914_035139057
水量は少し少ない様に感じた。

MP
前回の水上よりは良型が釣れた。

PORTRAIT
滑床の明るい渓流

MP
魚影は濃く、魚はポイント毎に良型が入っているのが確認出来た。

一つ驚いたのは、退渓しようと踏み跡を辿って登り笹をかき分けて道を探したが、道は無く又川が流れていた。よく見ると同じ川の下流だった。不思議な気分だったが、どうやら川がU字型に流れていたのだ。見覚えのある吊橋から道に出た。

この川、先行者がいない朝マズメに来たらどれだけ楽しい釣りが出来るだろうか。
真っ暗な山奥の帰り道は無理なので夕マズメは除外。
そして他の釣り人に聞かれたら「全然駄目だね」と答えようかな(笑)






 

FlyFishing[+]

釣り予定

コメント0件

水曜日が定休日の私にとっては、14日が群馬県での最後の釣りになる。
ある程度沢山歩いて数も型も望めるところに行きたい。
小学校の運動場程の大きな淵でルアーも投げてみたいと思っている。
 

FlyFishing[+]

フライフィッシングレポート

コメント0件

雨を覚悟の釣りだったが、ずっと曇で夕方に霧雨程度で済んだ。

教訓、天気予報が雨の日を選んで釣りに行けば他の釣り人とはバッティングしない。
PXL_20220907_005821696
本流の渓相は抜群で、こんなに楽に入渓出来て足場も良く魚影も濃くてクオリティの高い釣り場も珍しい。

MP

PXL_20220907_063344968
良型を2度バラし、おチビちゃん1尾だったので支流に向かった。

MP
結構距離があり中々沢に近づけない。熊鈴を鳴らし笛をふき熊よけスプレーまで手に持って歩いたが、夕マズメの釣りに相応しくないので止めて引き換えした。

MP

MP
途中咲いていたほおずきを見て心が和む。

PXL_20220907_063329753

PXL_20220907_024630331
最初に入った場所に戻り、ラストまで粘った

PXL_20220907_074921442

MP
短時間にチビイワナが4尾釣れた。

暗い谷間で釣りを終えて村まで戻ったが途中誰とも遭わなかった。

広い大自然を独り占めしていたと思うと感激する。村にいた猫の姿につい微笑んでしまう。

今日は貧果だったが、私はこの川がとても気に入った。又来ようと思う。

次回は群馬県が禁漁になる直前の最後の釣りになるので、思い切った良い場所に行きたい。



 

FlyFishing[+]

フライフィッシングレポート

コメント0件

今日も水上に釣り。
6時に出発。現地には9時到着。先に谷川へ行ったがクルマを停められるスペースが全く無いので、ここでの釣りを断念。

前から気になっていたダムに入る小沢を狙う事にした。

MP
上流はどんな流れなのか
静寂な景色に緊張する。

PXL_20220831_060507397
浅瀬が多くポイント探しが大変

PXL_20220831_015517977
ボサが多くその下が狙いめ

MP~2
湖の流れ込みで無数の小魚を見たので、釣れても木の葉サイズと思ったが、18cmが釣れた。

釣り始めて直ぐなので期待を持ったが、その後の釣果は無し。

渓は落差が出て魅力を増す。

PXL_20220831_024048137
やっと滝を登ったと思ったらその上にまた滝! 

MP
ヘツリの途中にはガマガエル(笑)

滝左岸に巻きルートが有ったし渓相が好転するのだろうが、単独でのめり込むのは賢明では無いと判断。この沢は今日はここまでとした。
魚の姿はところどころ見たので、魚影はまずまず。2段の小滝以外は浅瀬が多い。
湖畔に車は無く釣り人は私だけだったが、足跡は結構見かけた。

移動して先週大物をバラした川に最下流からまた入渓。
深瀬が連なり実に気持ち良くキャスト出来る。たまに予期せぬアタリが有るが乗らない。

PXL_20220831_071933106
下流にも大淵が有った

PXL_20220831_063621285
魚の反応は無い

前回の大淵で釣りをした。
カディスを浮かべても、テンカラに変えて5種類の毛鉤を流しても全く反応が無かった。
ここに来るまでに神経質なアタリが3回。
暗くなる直前に瀬の2か所でライズを見て狙ってみたが駄目で、ハッチらしきものは見掛けなかった。

今日、2つの渓流で釣りして一つ閃くものが有った。
竿の余り入らない支流で平凡な渓相がしばらく続く様な所に行けば、イワナ達が歓迎してくれそうだ。

水上にはもう少し行ってみる。