昔のフライフィッシング記事

嬬恋

コメント0件

2008年の釣り 9月2 日(火) 万座、嬬恋 秘渓釣りとつつじの湯

前回尺イワナを予定通り釣り、他にも大物をバラしたりでエキサイティングな釣りが出来たので意気揚々と再びやって来た。が、スレた秋の魚は相手してくれなかった。
そうでなくても奥に詰めるほど暗くて緊張感の漂う沢なのに釣れないと尚更怖い。
イブニングは他の沢に移動する事にした。渓相も単調で釣欲も失せて行ったが、イブニングの好条件だけにジョン君が粘って1尾ゲット!
こちら方面に来た時に楽しみにしている田代の「つつじの湯」へ寄って、上田インターから帰った。

$ピュアティマスターのアウトドアブログ       

  $ピュアティマスターのアウトドアブログ

 

昔のフライフィッシング記事

嬬恋

コメント0件

2008年の釣り 7月22日(火) 万座、嬬恋の秘渓釣りとつつじの湯 


turiyuki0051



turiyuki0050


turiyuki0052
 尺イワナゲット!

大物が多かったが、倒木や沈んだ木の枝に突っ込まれたりして、バラしも多かった。
エキサイティングなネイティブイワナとのやり取りが楽しかった。


周辺のおすすめグルメ、宿、日帰り温泉
詳しくは
「★2. 徳のおすすめアウトドアフィールド グルメ、宿、温泉」をご覧下さい。
 

昔のフライフィッシング記事

コメント0件

2008.7.15(火)野反湖と支流、温泉とグルメ 
$ピュアティマスターのアウトドアブログ
女性二人を連れて、まずは六合村の沢で良型ヤマメを釣る。

$ピュアティマスターのアウトドアブログ
雲の上、花畑、綺麗な水、天国と同じフレーズの野反湖は素晴らしい景色

$ピュアティマスターのアウトドアブログ
             野反キスゲ(ニッコウキスゲ)

$ピュアティマスターのアウトドアブログ
                    コマクサ

$ピュアティマスターのアウトドアブログ
                  水墨画のような湖

$ピュアティマスターのアウトドアブログ
             初のイワナを釣り上げてご機嫌

野反湖を水源とする魚野川のハンノキ沢と北沢は魚不在である。私はハンノキ沢の上流の二股になったどちらかの沢に魚がいると思って入渓したが無駄な労力だった。

六合村の蕎麦屋さんに「野反湖の支流の流れ込み上の堰堤で、好期に大イワナが釣れるよ」と聞いて、野反湖へ行った。何度か来ているが、やはり流れ込みでサンショウウオをエサにしてニジマスを釣った事が有る。支流ではイワナを掛けたがバラしてしまった事も。

現在はニシブタ沢はイワナ保護の為、流れ込みから全面禁漁。隣のカメヤマ沢は釣りが出来る。                        

周辺のおすすめグルメ、宿、日帰り温泉
詳しくは
「★2. 徳のおすすめアウトドアフィールド グルメ、宿、温泉」をご覧下さい。
 

昔のフライフィッシング記事

嬬恋

コメント0件

草津小雨川、六合村の沢、白砂川、嬬恋吾妻川、つつじの湯

01

草津の小雨川を探釣する事にした。事前に役場に問い合せると魚はいるはずとのこと。入り口には熊出没注意の看板や注意書きがあった。

02

備え付けの醤油缶を叩いたり笛を吹いたり鈴を鳴らしながら、歐仙ノ滝に着いた。仙女の扇のようなイメージの優雅な滝。手前右で釣りをしているスンジョンを見るとその大きさが分かる。
水質が悪く魚不在だった。

03


 

温泉・旅館紹介コーナー

片品川

コメント0件

名称未設定-1

副管理人です。
昔運営していた、「hogFFクラブ~ヤマメ・イワナの宝庫探し~」に
面白い記事があったので紹介させていただきます。

執筆は2005年11月8日のものです。

巨大イワナの剥製が眠る宿の名称は現在調査中です。
なぜ、名を伏せたのが気になりますけど。

驚いてしまった。巨大イワナの剥製

片品川水系に沿った宿に60センチと58センチの巨大イワナの剥製が飾られている。
大きく裂けた口と太い胴、その圧倒的な迫力には驚かされるが、それが湖ではなく川で釣った事。

そして2尾とも同じ日に釣ったと言う事にも驚かされた。

jpeg

 
だがもっと驚かされたのはその釣り方である。

 

大門川&川俣川

関東周辺の渓流釣り場 穴場スポット紹介

コメント0件

jpeg

渓流釣り穴場スポットのコーナーです。

今回は2005年6月21日に行った 大門川と川俣川です。

写真がまったくありませんがご清聴を。

----------------- 

大門川千ヶ滝下流で21センチ2尾、川俣川桐朋学園寮下流で25センチと23センチと20センチ。

良型がドッタンバッタンと暴れて釣れたって感じ。
 
 

関東周辺の渓流釣り場 穴場スポット紹介

芝川

コメント0件

jpeg
現在、旧サイトから200~300ある記事を移行中です。この記事は「2005年4月5日」の記事です。参考程度に見ていただければと思います。

ついに、FlyFishing+の名物企画第2弾 【渓流釣り穴場スポット紹介】スタートです。

「秘密の釣場探検記」は名前を伏せた名所を紹介していましたが、
この【渓流釣り穴場スポット紹介】では、
私のおすすめする渓流スポットの記事を紹介していきます。

結構雑誌で取り上げられてる地域なのでメジャーではありますが。

今回は芝川です。

ちょうど季節としては3月中旬~4月上旬に行くのがベストでしょう。

釣り人が集まる井の頭小学校裏手

ここでは辛口コメントをかかせてもらう。

芝川の最上流部はまだ探っていない。
 
釣り人は井の頭小学校裏手にある大きなプ-ルに集まるようだ。
その下流を眺めるとチョ-クストリ-ムになっていて、なるほど人気の釣り場と言う訳が分かる気がする。
 
だが私達はあまりにもゴミが多いのに幻滅して、とうとうロッドを振ることなく場所を移動した。
ゴミが落ちて川が汚れていても釣り人が平気に集まってくれば川は綺麗にならない。
 
誰も来なくなれば村の収入も減り、再び観光客や釣り人を呼び戻そうとして地元の人が動き出す。
そう言ったことを期待しての微々たる反発である。 釣り人がゴミを捨てなければ一番良いのだが・・・。

下流の名観光地「白糸ノ滝」「音止ノ滝」

下流の名観光地「白糸ノ滝」は芝川本流のある「音止ノ滝」とは違う富士山の地下水で形成された分流で、白糸ノ滝を経て本流に合流している。
 
こちらは禁漁区である。川には観賞用に放流されたニジマスが沢山泳いでいる。

s2
音止ノ滝


 

群馬周辺

秘密の釣場探検記

コメント0件

ブログネタ
渓流釣り に参加中!
名称未設定-1

今回の「秘密の釣場探検記」は
2004年6月14日に行ってきた「[秘密の釣場]群馬県 L川、K川、K沢、N川」です。

-------- 

昨年まであれほど釣れたL川は、魚影の無い川に変わり果てていた。

林道を歩いているだけで、矢のように走り回っていた魚達の姿を見かけることは無かった。

唯一堰堤下で小型が釣れただけ。
 

aab05