フライフィッシングレポート

清里周辺

コメント0件


久し振りのホームタウン。

先ずは千曲川支流。10時釣り開始。
ルアー釣りの人、餌釣りの人。

先行者がいても魚がスレていても、ホームタウンなら何とかなる。今日はフライの日だったようだ。
MP
ヤマメばかりいるポイントとイワナばかりいるポイントが有る。ヤマメは8寸揃いがあちこちで身をひるがえしたりライズしている。#16カディスに1度だけアタックしてきたが、電光石火で合わせられない。

すぐ上のイワナばかりいるポイントへ移動して#12アントパラシュートを落とす。
MP~2
直ぐに分かりやすいアタリが有り、20cmのイワナが釣れた。明らかにアントへの反応が良い。同型が3尾の後25cmのイワナが来た。


PXL_20220525_044800486
少しおとなしくなったのでフライを#14のパートリッジニンフに変えたら魚からフライを探して追い掛けて来る勢いで釣れてくるが、
小型ばかり。
ニンフは小型に人気か?と思ったら、急流の中から向こう合わせで25cmのイワナが来た。
大小様々で小型でも居付きのオレンジ色がいるので、繁殖力の有る川なんだと思う。

よし、このニンフとドライアントでさっきのヤマメ達にリベンジだ!
水面にはミッジ、カディス、クロマダラカゲロウ、時々モンカゲロウも現れる。ヤマメも朝昼問わずライズする。
自信満々のアントには突っつくけれど食わず、パートリッジニンフには極小のアタリが時々あるが乗らない。姿の見えないイワナだけが食い付いてくる。カディスの逆引きにも興味を示すそぶりだけ。
いきなりの大雨に戦意喪失。
夕マズメの闇討ちならばナンとかなるかな〜。
今度はミッジドライとテンカラでリベンジしようと決めた。
ゴールデンウィークで抜かれているはずなのに、千曲川支流は魚影が濃い。

師匠に挨拶に寄ったら留守だった。

雨が止んで絶好の釣りタイム。
裏の川へ行き僅か15分程度の釣りだった。
水面上にはアカマダラカゲロウが沢山飛んでいた。
25cmが2尾釣れて大満足。
MP
PXL_20220525_084830635

2尾共#12マドラーヘッドカディスを引ったくるようにくわえたと思ったら、アッという間に水底に引っ張っている。綺麗な力強いイワナだった。

#つ抜け #アント #パートリッジ
 

キャンプ

観光

コメント0件

昨年[キャンプボーズ]が流行った程、キャンプで釣りに行くと釣れない。
MP
この川の上流はこの水系1、2を競う険谷。

キャンプ場付近は、キャンプ場スタッフのお兄さんが3ヶ月間釣りして釣れたのは1尾だったと笑っていた程魚影が薄かった。

キャンプ場から暫く上った辺りから釣るのが良いと思う。

MP
直火OKのキャンプ場

MP

山菜採りに出掛けたが、キャンプ場周辺は既に時期が過ぎていたのでクルマで越本の方まで行った。
PXL_20220511_030250208
コゴミは少し遅い感じはしたけれど目を凝らすと葉の無い食べ頃がところどころで見つかり、飽きる程採れた。
PXL_20220511_030236757
だが、あてもなく探し歩いてもモミジガサ、コシアブラ、タラノメは見つからない。

一度行ってみたかった、近くの水芭蕉の森を訪ねた。
PXL_20220511_023657633
PXL_20220511_023601746
水芭蕉を見ていると、新入社員達が真っ白のワイシャツに緑のネクタイをして並んでいる様な初々しさと清楚な感じを受ける。
MP
木道をぐるりと周って景色を楽しんだ。
想像以上に見応えのある湿原だった。夜はライトアップもされるそうだ。

湿原の水が合流して藪沢程の水量となった溜まりに、イワナが2尾気持ち良さそうに游いでいた。こんな名もない沢がこの水系には多い。

PORTRAIT
[花咲の湯]で汗を流した。ここは2度めで、前回ここで食べた舞茸丼がすごく美味しかったのを思い出したが、夜のキャンプ飯が食べられなくなるのでパス。

最終日は吹割ノ滝を見に行った。雪代で水量が多く、今まで見たこの滝では一番迫力有った。

関越自動車道上里パーキングエリアで、あの有名な横川おぎのやの[峠の釜めし]が売っていた。
PXL_20220512_104324406
既に売り切れていて、アレンジされた[上里の釜飯]が1つだけ残っていたのでお土産に買った。一言で「美味い!」。

#グリーンパークふきわれ #直火OK #キャンプ #山菜採り #釣り #水芭蕉 
 

FlyFishing[+]

フライフィッシングレポート

コメント0件


MP~2
水芭蕉が咲き始め、フキノトウが食べ頃に咲いていた。ここはまだ早春。

PXL_20220506_023633606
川沿いに雪が沢山積もっていて難しい釣りとなりました。

PXL_20220506_024404762

IMG_20220507_080651_020
ニンフで20センチのイワナ1尾釣って同型を1尾バラシ。

IMG_20220507_080650_917

やはりこの川にとって適切な時期では無かったと言うこと。その川のベストシーズンに行くべきですね。
先行者がいたのも痛い。

でも大自然を満喫出来た。

#フライフィッシング #パートリッジニンフ #川場ビール 

 

FlyFishing[+]

フライフィッシングレポート

コメント0件



PXL_20220427_123933848~2
利根川漁協の年券を買いました。



PXL_20220427_022045060
利根川の支流のその又支流に釣りに行って来ました。



PXL_20220427_062812811
足元でイワナが泳ぐ大自然。

魚があちこちビュンビュン走るのを見たのは久し振り。


MP~2
綺麗なイワナと魚影の濃さに満足な1日でした。



今年も数々のドラマが起きますように。

#今年初渓流釣り #綺麗なイワナ #利根川の支流のその又支流 #温泉
 

コメント0件


以前から欲しかった村上康成さんの作品グッズを買いました。
釣り道具を入れるかキャンプの小物を入れるか考え中。
早く釣りやキャンプに行きたい。


#村上康成 #ヤマメ MP~2

 

FlyFishing[+]

渓流釣り場・管理釣り場

コメント0件


今日まで、ボクシング部5名が参加する朝霞ガーデンの釣り用に、せっせとフライを巻いて来た。名付けて[いつものパートリッジ]。これで釣ればたちまち初心者がベテランに見えることだろう。PXL_20220302_134420947
#ボクシングではよけて打つ #釣りでは引いたら合わせる

3人はテンカラ、2人はフライフィッシングで楽しんだ。フライは全員[いつものパートリッジ]。
結果、全員が程よく釣れた。万事めでたし。

MP
MP

今日釣れたニジマスはここでは最高の45cm。完全な赤身。
FB_IMG_1646576816653

FB_IMG_1646576823248

前サクラマスが2尾釣れたポイントで、今日はヤマメの35cmが釣れて、一緒に釣りしたメンバーの遼くんが43cmのヤマメを釣った。これも綺麗な赤身だった。
今日は刺身で乾杯!

#朝霞ガーデン #赤身の魚 #大ヤマメ
 

FlyFishing[+]

渓流釣り場・管理釣り場

コメント0件


朝霞ガーデンで栗田さんと待ち合わせして釣りをした。
一番のハプニングは、置き竿にして栗田さんのフライを取り替えていて振り向いたら、ロッドが水に落ちてどんどん池の真ん中に流れて行く。他の釣り人が足元に来たロッドをすくってくれたら魚が掛かっていた(笑)置き竿禁止です。 MP
MP
PORTRAIT

途中でフライを交換してあまり芳しくなくなった栗田さんに、オジサンが歩み寄って来ておすすめのフライを2度に渡ってプレゼントしてくれた。釣り女子にオジサンが親切にする場面をもう何度見たことか…。
PORTRAIT
オジサンがくれた2個めのこのフライはまあまあ釣れた。


今回はサクラマスを釣ることが出来た。
その他大きいニジマスは3尾持ち帰ったが、身が桜色のが1尾であとの2尾はあまり赤身では無かった。取り込みの時に大きく首を振ってフックごとぶっち切ってバラした奴が何尾かいたが奴らこそ赤身だったに違いない。



-1n0fwc
栗田さんの食卓  刺し身はサクラマス

skfxyg
私の調理中

 次回はテンカラ釣りで大物をバラさないように、長めのネットを持って行って早めにランディングすることにした。

3月6日の日曜日に、ボクシング部6名が参加する朝霞ガーデンの釣り用にフライを巻いている。名付けて[いつものパートリッジ]。
PXL_20220302_134420947
これで釣ればたちまち初心者がベテランに見えることだろう。

#ボクシングではよけて打つ #釣りでは引いたら合わせる
 

FlyFishing[+]

コメント0件


色が綺麗で、イエローラインを巻いたら新緑の渓流に溶け込みそうなので、人生最後に買うフライリールとして選びました。


P&K Pachner & Koller Lightweight
ビンテージスケルトンフライリール 
PXL_20220220_121715078

 

FlyFishing[+]

渓流釣り場・管理釣り場

コメント0件


MP
ネットの手持ちに印付けたらサイズがすぐに分るから便利。
PORTRAIT
これは身が赤そうだな〜

今日も5号池。
サクラマスと身の赤いニジマスとハリ飲み込んで傷ついた魚は持ち帰りの予定。

今日は前回良かったピンクのマラブーフライで釣り開始。テンカラでマラブーって変な釣り人?!反応は良い。
同じピンクでもオーソドックスなマラブーは良かったのだが、ウーリーバガーのマラブーはあまり良く無かった。

いつものパートリッジに変えた途端に入れ喰いになった。フライを度々奥まで飲み込まれて、持ち帰りが予定より増えてしまった。

結局38cmが最大で赤身はいなかった。前回の様なサクラマスも釣れず。
今度1号池でやってみたい。

PXL_20220209_071520080
帰りに釣り部だった栗田さんが務めているマックに寄って食事。

朝から何も食べていないせいか、又はマックを侮っていたせいか妙に美味すぎる。
東京よりもハイセンスで奇麗な店で緊張してしまった(笑)