フライフィッシングレポート

いつものところFF倶楽部

コメント0件

yamame,iwananohoukosagasi3736197
千曲川水系の名渓、佐久の大石川へやって来た。
水無川合流点から入渓した。ここからは葦と堰堤続きの渓相から解放された自然渓流。
すぐ上の大堰堤まででも以前は結構な釣果だったが、今回は当りなし。
前回行った草津の川は渇水だったが、ここは増水で条件としては良い日に違いない。
大堰堤の左岸を巻いていよいよ本格スタート。
yamame,iwananohoukosagasi3736191
小さなポイントでギラリと光ってアタックして来たイワナは良型だったが、岸際でバレてしまった。
これを見ていた友人も俄然やる気を出して釣り進んだ。
上流へ進む程滑床が大きくえぐれたこの川独特の渓相に心弾むがイワナからの返信は無い。

yamame,iwananohoukosagasi3736196
やっと釣れた1尾は19㎝。大堰堤上は放流が無くネイティブの世界。
yamame,iwananohoukosagasi3736189
素晴らしい流れは延々と続くが、川沿いに戻る苦労がドンドン増えて行く事を考えると不安も増す。

そんな時、仲間が左岸からこちらを見下ろす人を発見。その人は山の中へスーッと消えて行ったと言う。竿は持っていなかったそうだ。幽霊か・・・有り難い道しるべか・・・。
yamame,iwananohoukosagasi3736192
とにかく登ってみる。
すると下流方向に向かう杣道発見!スムーズに戻る事が出来た。
yamame,iwananohoukosagasi3736190
クルマ近くの水無川が今日は水量も多く気になったので竿を出してみた。
yamame,iwananohoukosagasi3736195
写真のポイントですぐに24㎝が釣れた。同じポイントで同型にユータンされた。
少し上に入った二人は、川がひどく汚れているポイントを見て興ざめしたと言う。

いろんな渓流を横断する形で南下して、本日最後の釣り場を探す。
選んだのは杣添川。ここは随分前に、同行した友人が下流の農道から入って、イブニング時に尺イワナを掛けてランディング時にバラした思い出が有る。八ヶ岳高原ヒュッテ下流のだだっ広い河原の真ん中を流れる細い流れで23㎝クラスが数釣れた思い出も有る。

川の左にある道を進んでクルマを停められる場所を見つけて入渓した。yamame,iwananohoukosagasi3736193
「徳さんの好きな渓相だね】と槇さんに言われた。正に深瀬の多い流れで自分好み。ここは大堰堤よりも上のようだ。
yamame,iwananohoukosagasi3736194
当たりは少なかったが25㎝が釣れた。槇さんも同型でもっと肥えたやつを釣った。

ラストスパートの9月は何回釣りに行けるだろうか?



 

いつものところFF倶楽部

フライフィッシングレポート

コメント0件

yamame,iwananohoukosagasi3736182
先ずは道の駅で腹ごしらえ。

釣り場に向かってクルマを走らせる。随分前に来たので、未舗装がアスファルト道路に全て変わっていたので驚いた。

道順も変わっていて迷ってしまい中々辿り着く事が出来なかった。記憶以上に山奥だった。

入渓直前、私以外の3人が口をそろえて熊の鳴き声を聞いたと言う。そんな緊張感に包まれながらの釣り開始となった。yamame,iwananohoukosagasi3736186
豪快な景色に圧倒させられる。
yamame,iwananohoukosagasi3736187
小型だがすぐに釣れた1尾に口もとがほころぶ。小さな落ち込みの白泡から出た。同じ様なポイントで1尾バラシ。
yamame,iwananohoukosagasi3736184
水は澄み、光と影のコントラストが美しい。
yamame,iwananohoukosagasi3736183
以前来た時よりも水量はかなり少ない。
yamame,iwananohoukosagasi3736185
小さなヤマメが釣れたので、まだヤマメを1度も見た事が無いあいこさんに見せた。この後同じようなのがもう1尾釣れた。
yamame,iwananohoukosagasi3736188
20㎝のイワナが釣れて竿納。水量の多いV字峡谷は何処へ・・・。
yamame,iwananohoukosagasi3736181
渇水ではあるが、この渓流に相応しい美しいポイントで竿を出す槇さん

 

フライフィッシングレポート

コメント0件

前回6月に嵐の中でも釣れたので、天気が良ければどれだけ釣れるのか再び確かめに来た。
yamame,iwananohoukosagasi3736166
元々水の綺麗な「青い川」と呼ばれているこの川の、本当の美しさを仲間に見てもらいたかった。yamame,iwananohoukosagasi3736162
入渓点は広くて静かな浅瀬
yamame,iwananohoukosagasi3736160
上高地の様な風景
yamame,iwananohoukosagasi3736159
徐々に落差が出て来る
yamame,iwananohoukosagasi3736155
アタリも出て来て
yamame,iwananohoukosagasi3736161
おチビちゃんが釣れるyamame,iwananohoukosagasi3736154
更にポイントが増す
yamame,iwananohoukosagasi3736157
でも釣れるのは更に小さいキーホルダーサイズ
yamame,iwananohoukosagasi3736165
やっと23㎝
yamame,iwananohoukosagasi3736163
続いて21㎝

前回の嵐の時の方が良かったかも知らない。
キャンパーも多く、魚も賢くなっている。でも魚は多い。
良型も何度かバラシた。大きなポイントには良型がいたし、大きなフライに大きいのが追って来た。
私は小型が主に8尾の釣果だったが、先行したマキさんは26㎝2尾頭に良型ばかりツ抜け。
まだまだ通えばどんどん釣果が上がりそうな期待の持てる川だった。

 

フライフィッシングレポート

コメント0件

前回は26㎝を頭にアベレージサイズ23㎝、渓相良く自然の資質も高い素晴らしい群馬県の釣り場へ満を持して4人でやって来た。
yamame,iwananohoukosagasi3736167
今日は釣る気満々
yamame,iwananohoukosagasi3736173
釣るのを我慢して魅力的な支流を下りていく
yamame,iwananohoukosagasi3736169
本流と合流して釣り開始
yamame,iwananohoukosagasi3736176
早速小型1尾
yamame,iwananohoukosagasi3736175
ゆっくり釣り上がる
yamame,iwananohoukosagasi3736168
相変わらず小さいのがポツポツyamame,iwananohoukosagasi3736170
仲間がやった後を釣る楽しみを味わうyamame,iwananohoukosagasi3736171
小さなネットに入れて少しでも大きく見せようとするせこい私

先行したマキさんは良型を含めてツ抜け。私はその半分。アタリも沢山有ったが魚もスレていた。

型揃いだった一昨年とは打って変わってちびっこが多かったが、天気や日が変われば大きいのばかり釣れたりするのだろう。そんな経験を数え切れないほどして来た。
釣り上った1㎞は、前回よりも水量も多く素晴らしい渓相だった。
 

フライフィッシングレポート

コメント0件

yamame,iwananohoukosagasi3736149
東京から日帰り圏で水の綺麗な川としてはNO1ではないだろうか?
yamame,iwananohoukosagasi3736144
白州の尾白川、丹沢の中川川、大月の真木川、南アルプス野呂川も綺麗だが、渓相も含めてここが一番綺麗だと思う。
そしてその美しい渓流から釣れる金色のイワナに逢いたくて、今回は予定を変更して千曲川支流を選んだ。

各地で集中豪雨の起きる中、釣り部長のおざきさんが数日前に泣き尺を頭に数釣りを楽しんだと言う事で、右にならえでやって来た。yamame,iwananohoukosagasi3736153
名峰とチーム徳Tシャツ
yamame,iwananohoukosagasi3736148
友人の釣りを見つめるロッドとリールと私
yamame,iwananohoukosagasi3736151
「そんなんじゃ騙されないよ」と言う子イワナを「じゃあこれならどう?」と釣り上げる。セレクティブで人間不信。
yamame,iwananohoukosagasi3736147
金色のイワナ
槇さんがツ抜け。他は少々。
yamame,iwananohoukosagasi3736152
12時集合でランチを楽しむ
yamame,iwananohoukosagasi3736145
他の支流へ移動。蓼科で初イワナを釣ったメンバーがイワナを数尾ゲット!
yamame,iwananohoukosagasi3736146
こちらのイワナは普通の色だった
yamame,iwananohoukosagasi3736150
釣りの師匠の店モスバックに寄り、他所の温泉が殆ど休みの中営業している
道の駅韮崎「ゆーぷる韮崎」で汗を流した。


 

フライフィッシングレポート

コメント1件

群馬県の秘境に釣りに行って来た。

林道をせっせと歩いて入渓点に近づいて沢を見下ろすと、良型がビュンビュン水中を走っている。この沢で久しぶりに見る光景。今日は釣れると期待が持てた。

しかし、いざ釣り始めて見ると反応は今一つ。型も小さい。まだ時間も早いのでのんびり釣り上ればきっとそこそこ釣れるだろうと思っていた。そして過去6回来ている沢だが、まだ釣った事の無い初めてのポイントに辿り着いた。
yamame,iwananohoukosagasi3736142
膝立の低い姿勢で釣る遠藤さん
yamame,iwananohoukosagasi3736139
岩盤の際を流しているとピチャッと小さなあたりが有ったが合わせられず、同行の遠藤さんにそのポイントを勧めた。すると今度はバシャっと明確な当り。グングンとロッドをしならせる。家庭の風呂の様な狭くて深いポイントで足元は広い平らな1枚岩。暴れて走り回るスペースが無い魚にとっては運の悪いポイントで、一気に大きなまな板の様な1枚岩に引きずり上げてあっという間に勝負あり。
yamame,iwananohoukosagasi3736138
イワナは思ったよりもデカい。いや、デカすぎる!小さな沢で37㎝。ワニの様な面構えにゴン太ボディ。驚きである。

その後他の沢を進んだ槇さんが合流。リリースの後だったので動画を見せた。当然その上流も一同気になる。足場は良く無いが色々思案して進んだ。

yamame,iwananohoukosagasi3736141
仲間から天狗と呼ばれる槇さんは、倒木を利用して先に進んだ。そして更に上流は一旦下流に下り杣道に出て、暫く登り上流に辿り着くことが出来た。

上のゴルジュの淵では25㎝~27㎝が4尾釣れた。最初の3尾は槇さんが2分間で釣った。

yamame,iwananohoukosagasi3736137
私も参加して1尾。遠藤さんの37㎝を見た直後なので、釣った魚をメジャーで測るまでは22~23㎝程にしか感じていなかった。
yamame,iwananohoukosagasi3736140
その直後!驚くことが目の前で起きた。槇さんが釣った3尾のイワナをネットに入れて水中に浸して、リリース時に後でまとめて写真に撮ろうとしていたのだが、いつの間にか槇さんと私の足元の浅瀬にイワナが2尾泳いでいる。ネットから逃げ出したかと思って目をやると3尾ちゃんと入っている。
足元の平らな40㎝角の岩の下に住み家が有るらしく、深場と浅瀬を行き来しているのだ。よく見るとネットに収まっているイワナよりも少し大きい。魚影の濃さに感動のひと時でした。

更に上流は期待に反して当りなし。先程釣れた辺りは竿抜けだったようだ。


最初の入渓点よりも下流で遊んで帰る事にした。槇さんは丹念に釣って24㎝2尾と小型1尾。
yamame,iwananohoukosagasi3736143
私は19㎝だったが、ライズを取ったので凄く楽しかった。
やはり下流にも魚はそこそこいるようだ。

7月の幸先の良い釣り。今月の釣りはまだまだ
ドラマが生まれそうだ。



 

フライフィッシングレポート

コメント0件

駐車場にクルマを止めて5時半に乗り合いタクシーに乗って6時半に登山バス乗り場に到着。
yamame,iwananohoukosagasi3736128
センターでお弁当を食べて仮眠して8時発の登山バスを待つ。
yamame,iwananohoukosagasi3736132
登山バスに乗って釣り場で下りて支流で釣り始めるが、雨でグレーに染まった川はドライフライもニンフにも反応なし。
yamame,iwananohoukosagasi3736129

yamame,iwananohoukosagasi3736127
只1度ニンフの周りに絡みつくように寄って来たイワナを確認。
yamame,iwananohoukosagasi3736126
しかし、フライロッドの損傷でルアーフィッシングをした友人はイワナの好反応にビックリ。2尾のイワナを釣り上げた。
yamame,iwananohoukosagasi3736135
水温はかなり低く、ウエーダーを履かずにウエーディングシューズにゲーターと言うあまいいでたちの私は、足が冷えて固まり斜面を登るのにてこずった。
yamame,iwananohoukosagasi3736130
本流に下りようとしたが、下りても水量が多くて先に進めそうも無い。
yamame,iwananohoukosagasi3736131
崖を無理して下りるのを断念。

登山バスに乗り確実に釣りの出来る本流のポイントに移動した。

本流は顔に当たると痛いほどの強い雨と体ごと飛ばされそうな突風の連続で正に嵐の中の釣りでした。天気予報は曇りだったのに。風に飛ばされて容易にドライフライが水面に落ちない。
yamame,iwananohoukosagasi3736134
それでもドライフライで26㎝を頭に3尾。
yamame,iwananohoukosagasi3736136
同行者のルアーに1尾釣れたのでそのポテンシャルの高さに驚きました。 
yamame,iwananohoukosagasi3736133
ハッチが有る穏やかな日だったら、どれだけ釣れるのか勝手に期待してしまいます。
駐車場への最終バスが16時代なので、イブニングライズを期待するのならばキャンプ釣行が望ましい。

南アルプスの釣りの帰りに寄った、素朴な村営の日帰り温泉「天笑閣」。

群馬県釣行で半袖シャツを着て藪こぎして出来たかぶれ、湿疹が嘘のように綺麗に治った。
温泉効果に間違いない。
今回のpH9.8の炭酸水素塩泉の効力は凄かった。
次回またここに来たら必ずこの温泉に寄ります。

 

いつものところFF倶楽部

フライフィッシングレポート

コメント0件

名もない沢で釣りをして3つの渓流をはしごしました。
yamame,iwananohoukosagasi3736117
最初に入った渓流。 千曲川の支流高石川に似た苔むした緑濃い良渓。
yamame,iwananohoukosagasi3736118
でも魚影は今ひとつ
yamame,iwananohoukosagasi3736114
もう一つの渓流で釣りをするしょうさん。この日はまだ釣れた事の無いあいこさんを付きっ切りで教えて、見事釣らせてミッションをクリア。
yamame,iwananohoukosagasi3736119
2番目にしょうさん達が釣りしている渓流に合流。クリンソウが咲いていた。
yamame,iwananohoukosagasi3736121

yamame,iwananohoukosagasi3736122
ここは魚影も濃かった。
yamame,iwananohoukosagasi3736123
3番目は滝の湯川本流へ。渓相も良く水量も有りカディスやカゲロウのハッチも多かったが、魚の気配は感じられなかった。

静かな蓼科湖畔でお弁当を食べて、
緑の草原で休憩。

yamame,iwananohoukosagasi3736116

yamame,iwananohoukosagasi3736115

yamame,iwananohoukosagasi3736120
お決まりの温泉もとても良く癒やされました。

参加の皆さんお疲れ様でした。