フライフィッシングレポート

コメント0件

yamame,iwananohoukosagasi3736149
東京から日帰り圏で水の綺麗な川としてはNO1ではないだろうか?
yamame,iwananohoukosagasi3736144
白州の尾白川、丹沢の中川川、大月の真木川、南アルプス野呂川も綺麗だが、渓相も含めてここが一番綺麗だと思う。
そしてその美しい渓流から釣れる金色のイワナに逢いたくて、今回は予定を変更して千曲川支流を選んだ。

各地で集中豪雨の起きる中、釣り部長のおざきさんが数日前に泣き尺を頭に数釣りを楽しんだと言う事で、右にならえでやって来た。yamame,iwananohoukosagasi3736153
名峰とチーム徳Tシャツ
yamame,iwananohoukosagasi3736148
友人の釣りを見つめるロッドとリールと私
yamame,iwananohoukosagasi3736151
「そんなんじゃ騙されないよ」と言う子イワナを「じゃあこれならどう?」と釣り上げる。セレクティブで人間不信。
yamame,iwananohoukosagasi3736147
金色のイワナ
槇さんがツ抜け。他は少々。
yamame,iwananohoukosagasi3736152
12時集合でランチを楽しむ
yamame,iwananohoukosagasi3736145
他の支流へ移動。蓼科で初イワナを釣ったメンバーがイワナを数尾ゲット!
yamame,iwananohoukosagasi3736146
こちらのイワナは普通の色だった
yamame,iwananohoukosagasi3736150
釣りの師匠の店モスバックに寄り、他所の温泉が殆ど休みの中営業している
道の駅韮崎「ゆーぷる韮崎」で汗を流した。


 

フライフィッシングレポート

コメント1件

群馬県の秘境に釣りに行って来た。

林道をせっせと歩いて入渓点に近づいて沢を見下ろすと、良型がビュンビュン水中を走っている。この沢で久しぶりに見る光景。今日は釣れると期待が持てた。

しかし、いざ釣り始めて見ると反応は今一つ。型も小さい。まだ時間も早いのでのんびり釣り上ればきっとそこそこ釣れるだろうと思っていた。そして過去6回来ている沢だが、まだ釣った事の無い初めてのポイントに辿り着いた。
yamame,iwananohoukosagasi3736142
膝立の低い姿勢で釣る遠藤さん
yamame,iwananohoukosagasi3736139
岩盤の際を流しているとピチャッと小さなあたりが有ったが合わせられず、同行の遠藤さんにそのポイントを勧めた。すると今度はバシャっと明確な当り。グングンとロッドをしならせる。家庭の風呂の様な狭くて深いポイントで足元は広い平らな1枚岩。暴れて走り回るスペースが無い魚にとっては運の悪いポイントで、一気に大きなまな板の様な1枚岩に引きずり上げてあっという間に勝負あり。
yamame,iwananohoukosagasi3736138
イワナは思ったよりもデカい。いや、デカすぎる!小さな沢で37㎝。ワニの様な面構えにゴン太ボディ。驚きである。

その後他の沢を進んだ槇さんが合流。リリースの後だったので動画を見せた。当然その上流も一同気になる。足場は良く無いが色々思案して進んだ。

yamame,iwananohoukosagasi3736141
仲間から天狗と呼ばれる槇さんは、倒木を利用して先に進んだ。そして更に上流は一旦下流に下り杣道に出て、暫く登り上流に辿り着くことが出来た。

上のゴルジュの淵では25㎝~27㎝が4尾釣れた。最初の3尾は槇さんが2分間で釣った。

yamame,iwananohoukosagasi3736137
私も参加して1尾。遠藤さんの37㎝を見た直後なので、釣った魚をメジャーで測るまでは22~23㎝程にしか感じていなかった。
yamame,iwananohoukosagasi3736140
その直後!驚くことが目の前で起きた。槇さんが釣った3尾のイワナをネットに入れて水中に浸して、リリース時に後でまとめて写真に撮ろうとしていたのだが、いつの間にか槇さんと私の足元の浅瀬にイワナが2尾泳いでいる。ネットから逃げ出したかと思って目をやると3尾ちゃんと入っている。
足元の平らな40㎝角の岩の下に住み家が有るらしく、深場と浅瀬を行き来しているのだ。よく見るとネットに収まっているイワナよりも少し大きい。魚影の濃さに感動のひと時でした。

更に上流は期待に反して当りなし。先程釣れた辺りは竿抜けだったようだ。


最初の入渓点よりも下流で遊んで帰る事にした。槇さんは丹念に釣って24㎝2尾と小型1尾。
yamame,iwananohoukosagasi3736143
私は19㎝だったが、ライズを取ったので凄く楽しかった。
やはり下流にも魚はそこそこいるようだ。

7月の幸先の良い釣り。今月の釣りはまだまだ
ドラマが生まれそうだ。



 

フライフィッシングレポート

コメント0件

駐車場にクルマを止めて5時半に乗り合いタクシーに乗って6時半に登山バス乗り場に到着。
yamame,iwananohoukosagasi3736128
センターでお弁当を食べて仮眠して8時発の登山バスを待つ。
yamame,iwananohoukosagasi3736132
登山バスに乗って釣り場で下りて支流で釣り始めるが、雨でグレーに染まった川はドライフライもニンフにも反応なし。
yamame,iwananohoukosagasi3736129

yamame,iwananohoukosagasi3736127
只1度ニンフの周りに絡みつくように寄って来たイワナを確認。
yamame,iwananohoukosagasi3736126
しかし、フライロッドの損傷でルアーフィッシングをした友人はイワナの好反応にビックリ。2尾のイワナを釣り上げた。
yamame,iwananohoukosagasi3736135
水温はかなり低く、ウエーダーを履かずにウエーディングシューズにゲーターと言うあまいいでたちの私は、足が冷えて固まり斜面を登るのにてこずった。
yamame,iwananohoukosagasi3736130
本流に下りようとしたが、下りても水量が多くて先に進めそうも無い。
yamame,iwananohoukosagasi3736131
崖を無理して下りるのを断念。

登山バスに乗り確実に釣りの出来る本流のポイントに移動した。

本流は顔に当たると痛いほどの強い雨と体ごと飛ばされそうな突風の連続で正に嵐の中の釣りでした。天気予報は曇りだったのに。風に飛ばされて容易にドライフライが水面に落ちない。
yamame,iwananohoukosagasi3736134
それでもドライフライで26㎝を頭に3尾。
yamame,iwananohoukosagasi3736136
同行者のルアーに1尾釣れたのでそのポテンシャルの高さに驚きました。 
yamame,iwananohoukosagasi3736133
ハッチが有る穏やかな日だったら、どれだけ釣れるのか勝手に期待してしまいます。
駐車場への最終バスが16時代なので、イブニングライズを期待するのならばキャンプ釣行が望ましい。

南アルプスの釣りの帰りに寄った、素朴な村営の日帰り温泉「天笑閣」。

群馬県釣行で半袖シャツを着て藪こぎして出来たかぶれ、湿疹が嘘のように綺麗に治った。
温泉効果に間違いない。
今回のpH9.8の炭酸水素塩泉の効力は凄かった。
次回またここに来たら必ずこの温泉に寄ります。

 

いつものところFF倶楽部

フライフィッシングレポート

コメント0件

名もない沢で釣りをして3つの渓流をはしごしました。
yamame,iwananohoukosagasi3736117
最初に入った渓流。 千曲川の支流高石川に似た苔むした緑濃い良渓。
yamame,iwananohoukosagasi3736118
でも魚影は今ひとつ
yamame,iwananohoukosagasi3736114
もう一つの渓流で釣りをするしょうさん。この日はまだ釣れた事の無いあいこさんを付きっ切りで教えて、見事釣らせてミッションをクリア。
yamame,iwananohoukosagasi3736119
2番目にしょうさん達が釣りしている渓流に合流。クリンソウが咲いていた。
yamame,iwananohoukosagasi3736121

yamame,iwananohoukosagasi3736122
ここは魚影も濃かった。
yamame,iwananohoukosagasi3736123
3番目は滝の湯川本流へ。渓相も良く水量も有りカディスやカゲロウのハッチも多かったが、魚の気配は感じられなかった。

静かな蓼科湖畔でお弁当を食べて、
緑の草原で休憩。

yamame,iwananohoukosagasi3736116

yamame,iwananohoukosagasi3736115

yamame,iwananohoukosagasi3736120
お決まりの温泉もとても良く癒やされました。

参加の皆さんお疲れ様でした。




















































































































 

いつものところFF倶楽部

フライフィッシングレポート

コメント0件

一日中遊び尽くしでした。

釣りして、昼の休憩に大内宿でお弁当食べて買い物して、又釣りして最後に温泉♨

一見、中小企業の社員旅行に見える一行でした。

でも東北はやはり遠い道程でした。

yamame,iwananohoukosagasi3736104
ここから入渓
yamame,iwananohoukosagasi3736106
ヤマメとイワナの混成
yamame,iwananohoukosagasi3736105
以前来た時は白点が主の東北っぽいイワナだったが、今回は朱点の綺麗なイワナ。
yamame,iwananohoukosagasi3736108
美しい本流。期待していたライズは起きなかった。
yamame,iwananohoukosagasi3736107
大内宿で昼食。買い物も楽しかった。
yamame,iwananohoukosagasi3736102
見晴台から見た大内宿
yamame,iwananohoukosagasi3736103
夕方再び沢へ入る。木化け石化けの裏ワザを使って魚を次々取り込む女子に脱帽。

エンゼルフォレストの日帰り温泉に入って帰路。3食目の私の手作り弁当を高速のSAでみんなで一緒に食べました。



 

いつものところFF倶楽部

フライフィッシングレポート

コメント0件

yamame,iwananohoukosagasi3736095
道の駅では燕の遊び道具が増えていた。
 
yamame,iwananohoukosagasi3736097
朝食は公園で 
猪、猿、鹿、熊等の侵入を防ぐために張り巡らせた電気線を外して入れる秘密のドア。
そこから渓流へと辿り着いた釣り部4人の計画は、渓流をゆっくりと釣り上り、最上流に架かる小さな橋に続く杣道から、元の入渓点に戻ると言うものだった。
yamame,iwananohoukosagasi3736090
巨岩累々としたダイナミックな沢を釣り上り、美しい山と水とイワナに心満たされた。
yamame,iwananohoukosagasi3736101

yamame,iwananohoukosagasi3736096

yamame,iwananohoukosagasi3736100

yamame,iwananohoukosagasi3736098

そろそろ橋を求めて釣り上るピッチを上げようと思い始めたその時、信じられない行く手を阻む滝が現れた!
yamame,iwananohoukosagasi3736091
無理して高巻くか横を直登するか、出来る可能性は50%・・・。
元の場所まで渓流を下りて行くのは結構大変。

諦めて山の斜面を登り、当然有るはずである畑に続く道路に出る事にした。
涸れた沢の岩場を上り続けて尚も笹薮を突き進むこと数100m、視界が開けて畑が見えて文明の象徴「ガードレール!」が目を潤ませた。
yamame,iwananohoukosagasi3736093
しかし、道は行き止まりで川に架かる橋も見つからず、国道に辿り着いたとしても道は大きく迂回していて、車を置いてある場所まで歩くのは日が暮れてしまうほど遠い事を私もマキさんも知っていた。メンバー全員疲れと不安で座り込んでしまった。

とりあえず国道に向かってテクテクと歩き続けていると、何やら工場が現れてそこに見えてきた自動販売機に抱きつき脱水状態の改善に務めた。

そして意を決してヒッチハイク。
yamame,iwananohoukosagasi3736092
・・・トラックの荷台に乗って移動するのは初めてと興奮するおじさんと、頑なに最後まで歩き切ろうと意を決していたお兄さん、病人を装ってヒッチハイクを成功させようとたくらんだが、つい元気な事がばれてしまった三文役者のお姉さんのそれぞれの笑顔が楽しい荷台。BGM思えば遠くに来たもんだが似合う珍道中でした。

クルマを駐車していた近くの国道の土手でタラノメがわんさか採れた。

yamame,iwananohoukosagasi3736094
〆はつつじの湯
yamame,iwananohoukosagasi3736099
遅い食事(弁当)は焼肉丼




 

フライフィッシング道具・仕掛け紹介

コメント0件

前回5/9の釣りに備えてヒゲナガピューパーを巻いた。
yamame,iwananohoukosagasi3736064
上からシェニールボディにブレイドヘッド、ニンフダブボディにオーストリッジのヘッド、ニンフダブボディにブレイドヘッド

1番目のシェニールボディは釣れず、3番目のニンフダブボディにブレイドヘッドで釣れた。2番目のニンフダブボディにオーストリッジのヘッドは試していない。

yamame,iwananohoukosagasi3736089
前回ヒゲナガピューパーで釣れたヤマメ
yamame,iwananohoukosagasi3736084
同じくヒゲナガピューパーで釣れたイワナ
こうやって見るとテレストリアルとしても使えるようだ。

底を転がせばニンフ、泳がせばテンカラとしても使えるはこのウェットフライは、かなり信頼している。


 

いつものところFF倶楽部

フライフィッシングレポート

コメント0件

雨にも負けず楽しんで来ました。
最初に入った沢は泥濁りでパス。もう一つの沢はダム工事で入渓不可。
昨年のこの時期に行った沢でで釣りをしました。魚影、渓相とも○でした。フライ、餌釣り、ルアーと何でも有りでした。
yamame,iwananohoukosagasi3736083
釣り場に行く途中休憩した道の駅にいた燕の夫婦
yamame,iwananohoukosagasi3736079
この日のメインとなった渓流 雨の中水量は多い
yamame,iwananohoukosagasi3736081
緑あでやかなミズ
yamame,iwananohoukosagasi3736082
濡れた岩場にはダイモンジソウとイワタバコが涼しげだ
yamame,iwananohoukosagasi3736086
滝に続く長いトロ場をニンフで探る。 水面直下には中型ヤマメが5尾待機している。足元を大型のイワナが横切って行った。
yamame,iwananohoukosagasi3736084
ニンフで釣れたイワナ
yamame,iwananohoukosagasi3736089
同じくニンフで釣れたヤマメ
yamame,iwananohoukosagasi3736078
餌釣りでイワナを掛ける槇さん エサはブドウ虫
yamame,iwananohoukosagasi3736085
槇さんが釣ったイワナ
yamame,iwananohoukosagasi3736088
同じく槇さんが釣ったヤマメ
yamame,iwananohoukosagasi3736087
ドライでヤマメを釣った遠藤さんはルアーで遊ぶ。

朝3時に東京を出たこの日の釣りは午後3時に終了。毎度の温泉に立ち寄り東京へ帰った。

次回5/16(水)は、過去2年間の釣り場でベスト3の川です。群馬県秘境釣りはまだ続きます。



 

いつものところFF倶楽部

フライフィッシングレポート

コメント0件

仲間4人での釣行。
yamame,iwananohoukosagasi3736070
昇仙峡の迫力に胸ときめきました。

yamame,iwananohoukosagasi3736069
当たりは有ったが釣果無し。
yamame,iwananohoukosagasi3736071
諦めるには勿体ない良型のUターンも有りましたが・・・。

食事は昼の蕎麦も夜の天丼も大当たり。
yamame,iwananohoukosagasi3736068
すがはら家 御岳蕎麦 大盛りせいろ
話に夢中になっている私達に女将さんは「打ち立てで美味しいんだからもったいないから早く食べて」と言った。その有り難い言葉が更に蕎麦を美味しく感じさせた。

yamame,iwananohoukosagasi3736067
牧丘花影の湯に併設された白彩の天丼大盛り
移転前から塩山では超有名店。温泉の食堂からも注文できたが、店側で食べて正解。お店の女の子が超美人だったのだ(笑)。
美味しくて大満足だけど完食は苦しくて、翌日の夜まで腹が減らなかった。

メインの釣り場は6月からの源流。1時間歩いて限られたルートで入る釣り場が魅力的です。